【WLB】006.キャリアも恋も手に入れる、あなたが輝く働き方 小室淑江(著):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【WLB】006.キャリアも恋も手に入れる、あなたが輝く働き方 小室淑江(著)

2008年04月29日

こんにちは。
今日は昭和の日でお休みですね。

今年のGWは空きが微妙でちょっと悲しいですが。
せっかくの休日は有意義に過ごしましょう!

今日は書店にて目につく帯だった本の紹介を

キャリアも恋も手に入れる、あなたが輝く働き方
小室 淑恵(著)
ダイヤモンド社


写真の小室さんが素敵だったので
つい購入
というのは半分本気の半分冗談で(笑)

amazonにはこうあります。
「仕事もプライベートも両方楽しみたい」という人は、年々増えてきています。ただ、制度はあっても気持ちがついていかなかったり、ロールモデルが少ないのでイメージがわかなかったり……。悩みはあると思いますが、そろそろ周囲のせいにするのはやめて、自分自身で理想のワークライフバランスをつくってみませんか? ワークライフバランスのプロ、小室淑恵さんがご自身の経験から意識の変え方、実践方法まで大公開!


理想のワークライフバランス作りたいですね!

この本の大まかな概要は

【概要】
・どうやって仕事とプライベートを楽しくするか
・楽しくするための仕事術
・パートナーを選ぶ
・今の社会について

となっています。
う〜ん
この時点で耳が痛いような…

それでは今日も
紐解きましょう!

人気blogランキング


応援よろしくお願いします!




【紐解き】
・どうやって仕事とプライベートを楽しくするか
-8つの誤解
1.仕事を頑張るには、何かを犠牲にしなければいけない
2.弱みを見せず男性と同じように働くことが、あとに続く女性たちのためになる
3.子供の都合でフルに働けないのは、会社に申し訳ない
4.女性には、いろいろ人生の選択肢がある
5.いったん専業主婦になると、働くのはパートしかない
6.仕事のコツを上司や先輩から教わるために、長い時間行動をともにしたほうがいい
7.女性は短距離型、男性は長距離型
8.若手がすぐ辞めるのは、本人に問題があるからだ

-意識を変える
仕事もプライベートも充実できると思うこと
どちらかに偏る概念は古い
常によりよく生きていこうとする

-120%理論
やりたくない仕事ほど、短期間で120%の成果を出すのが
成功への一番の近道

・楽しくするための仕事術
-プレゼン力
プレゼンは仕事全てにつながる

優れたプレゼンには相手の課題をきちんと聞き出すヒアリングが先に必要
-仕事は早く切り上げろ
20代の独身時代は自己研鑽に励んだり
意識的に仕事以外の時間を使う

-おかげさまでの精神
具体的なおかげさまでを相手に伝える。

・パートナーを選ぶ
-話を最後までまじめに
きちんと議論できる人を選ぼう

-もったいない理論
してくれたことを8割褒めて2割付け足す

-ライバルだと思わない
忙しい中にいつも身をおいていると
ありがとうなどの感謝の気持ちがなくなっていく

・今の社会について
-長時間労働はダメ
高い付加価値を提供しなくては
モノやサービスが売れない時代には、
思い切りライフの時間を持っている人のほうが
アイデアに満ち溢れ高い成果を短時間であげている。

-女は専業主婦、男は会社人間という考え方がダメ
多様な役割を果たし、そのことでより多くの
アイデアや価値観を生み出せる人材がとても重視される

-付加価値の高い仕事を
付加価値の高いアウトプットをするには
充実したインプットが必要

-ロールモデルになろう
ロールモデルというのは自分が新しい時代の生き方をするということ
ひとりひとりの社員の意識が変わっていったことの結果として、会社は変わる。


【感想】
ワークライフバランスを保つためには
短期間でよい成果を残せるようにしていかないといけない
ことを痛感しました。

確かに夜遅くまでのこって体壊してじゃ
負のスパイラルですものね…

偏ることのないインプットをし
良質なアウトプットができるように私も頑張ります。

そしてお互い向上し合える素敵な人を見つけようっと!

人気blogランキング


応援よろしくお願いします!


Posted by hiro at 13:41│Comments(0)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ