【勉強術】014.レバレッジ勉強法 本田直之(著):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【勉強術】014.レバレッジ勉強法 本田直之(著)

2008年05月10日

こんにちは。

何か今日は天気が悪いですね…

天気が悪いから
乗り気じゃない…

何にもやりたくない。

そんなあなたに紹介したい本がこちらです。

レバレッジ勉強法
大和書房
本田直之(著)
発売日:2007-09-25
おすすめ度:3.5


amazonによると
年収アップを目指すなら、働くよりも、「勉強」しなさい----。

「何を勉強し、どのようなパーソナルキャピタルを蓄えればいいのか?」
「勉強したものを実生活に生かして、ビジネスの成果に結びつけるには?」
「継続的なリターンを得るために、勉強を続けていける環境づくりとは?」
「最小限の労力で資格習得するためのレバレッジのかけかたは?」
「語学をマスターするいちばんの近道は?」
こういった疑問のひとつひとつにお答えすると同時に、なにより重要なレバレッジをかけて勉強するための「仕組みづくり」を書いていきます。(本文より)

 時間がない、やる気が出ない、続かない----忙しいビジネスパーソンのための、最短距離で最大限のリターンを得る技術。


【概要】

・ビジネス偏差値とは
・何を勉強するか
・ラクに勉強できる「仕組み」づくり
・成果に直結するスケジューリング
・どんな試験にも受かるテクニック
・挫折しない英語マスター術
・最速で情報を「勉強する」法
・勉強しやすい環境をつくる


ふむふむ、
勉強はするよりもしした方が

トク

でも時間がないな…

と思われるかもしれないですね。
そんな悩みを解消できればと思います。

それでは今日も
紐解きましょう!


人気blogランキング
応援よろしくお願いします!




【紐解き】
・ビジネス偏差値とは
-勉強はやったほうがトク
-勉強しろ!勉強は確実なリターンを生む
-限られた時間をやりくりして時間をストックする
-あまり深く考えないのが大事
-給料をあげよう、実践で使おう

・何を勉強するか
-家計簿をつけて財務管理を
-リターンが明確にし利益が出ないものには投資しない
-選択肢は幅広く、目的をフォーカスする。
-誰もやっていないことを探せ

・ラクに勉強できる「仕組み」づくり
-相手に欲しがられる仕組みをつくる
-パッシブな学びからアクティブへ
-アウトプットをしろ!
-スケジュール、ノルマなどを設けて型にはめてしまう
-考えずにとにかくやる

・成果に直結するスケジューリング
-半年、1月、1週、1日単位でスケジューリングする。
-午前中に自己投資、寝る前に暗記
-締め切りは「追う
-勉強時間をアセットアロケーション
-ひたすらやるはNG
-朝型人間へ
-スキマ時間を使う

・どんな試験にも受かるテクニック
-時間は永遠に回収できない
-最初に過去問を実施
-3度やる
-全部やる必要はない
-取れるものを取る

・挫折しない英語マスター術
-NHK英会話を利用する
-ぺらぺら出なくても良い
-自分が必要としているラインで
-メンテナンスのつもりでTOEICを受ける

・最速で情報を「勉強する」法
-ファイリングして定期的に捨てる
-Googleを図書館として活用しよう

・勉強しやすい環境をつくる
-無音だと集中できない

【感想】
どうですか?
勉強をする気が少しは起きたでしょうか?

特に社会人になると仕事が〜

飲み会が〜

とかそんなこんなで時間を浪費してしまっていた
自分がいました。ただ時間をアセットアロケーションすれば
思っているほど時間ってあるかなって思えます。

私の場合、本を1日1冊読んでいるのですが
やっぱりアウトプットがおろそかになりがちです…

メンテナンスを怠らない、仕組みを作って頑張ろうかと思います。

改めて勉強のオトク感を実感できたかなと思います。

人気blogランキング
本日はお付き合いありがとうございました!

あなたにとって今日がいい日でありますように。


Posted by hiro at 13:00│Comments(0)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ