【時間術】027.レバレッジ時間術 本田直之(著):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【時間術】027.レバレッジ時間術 本田直之(著)

2008年05月23日

おはようございます。

あなたにとって大事なものは何でしょうか?

地位?

お金?


名声?

確かにどれも大事なものかもしれません。
ただ私が一番大事にしなくてはいけないと思うものは
人に唯一平等に与えられているもの
「時間」だと思います。

今日は「時間」の使い方の本を紹介しようと思います。



Amazonには
1時間かかった仕事が
5分で終わる!

スケジューリング、ToDoリスト、睡眠、隙間時間......時間資産を増やすノウハウ満載
毎日いっぱいいっぱいに働いているのに、成果が上がらない人。定時で帰って休日も満喫しているのに、人並み以上の結果を残す人。

一日二四時間は誰にも平等なのに、こんな不平等が生まれるのは、時間の使い方が決定的に違うからだった! 

コツコツ努力するのが苦手でも本書を読めば大丈夫。

スケジューリング、ToDoリスト、睡眠、隙間時間etc.最小の努力で最大の成果を上げる「時間投資」のノウハウを身につけて、あなたもキャリア&収入アップを
果たそう。

とあります。なんだか読みたくなってきませんか?


【概要】

・あなたがいつも忙しい理由
・時間も「投資」で増やす時代
・成果はスケジュールで決まる
・仕組み化・パターン化の絶大な効果
・「Doing more with less」の哲学
・時間密度を高める「チリツモ」技術


時間がない、時間がないとお悩みの方必見です!

今日も1緒に紐解きましょう!

人気blogランキングrainbow

応援クリックよろしくお願いします!



【紐解き】
・あなたがいつも忙しい理由
-原理原則を追求する
-時間をいかに効率よく使うか
-「忙しい」といわない
忙しいは
心を亡くす

-コツコツは面倒くさい

・時間も「投資」で増やす時代
-時間投資で時間資産を増やす
-何もしないでいるほうがリスク
-仕組みづくりが根本になる
-必要時間を天引きして再投資
-リサーチ→スクリーニング→利益確定
-効率的な仕事をして成果をあげつつ
 →自動的に時間資産が増えるシステム
  →不労所得時間で仕事と生活のバランスを整える

・成果はスケジュールで決まる
-俯瞰逆算
 ゴールから逆算
 個人の事業計画を作成する
 インプットを天引きする
-時間割りをつくる
 →頭も体も勝手に動く
 →デキる人は使っている
-タスク・リスト
 →毎朝つけよう
 →チェックリストを使おう
-スケジュールは作りっぱなしにしない。

・仕組み化・パターン化の絶大な効果
-時間割で快適に
 『習慣化』残業しない仕組み
-成果というリターン、成果というゴールありきに考える
-面倒・苦手をパターン化
-100点と80点の仕事を見極める
-「あいつは早く帰るやつ」と思わせる
-仕事90分、休憩10分周期で
-Before9を上手く使う

・「Doing more with less」の哲学
-「少ない労力で多くの成果を」
-1/10で仕上げ、人に任せる、不得意なことを人に任せるのも大切
-KSF→合格最低点狙いで
-意思決定は即座に
 →情報不足のまま迷い続けるのは最悪
  →原因を探る

・時間密度を高める「チリツモ」技術
-成果を前提に
-1冊1万でも全部読まない
-わからない名刺は捨てる→本当に重要ならまた会える
-テレビはリアルタイムでみない
-30分早めの行動を

【感想】
冒頭でも言いましたが
やっぱり人間に共通して与えられているものは時間で
その時間の使い方で人に差がでてくるのですよね。

時間もお金と同じように
しっかりアセットアロケーションしてあげて
大事に再投資をしていかないといけないです。


ただ勉強をがり勉にやれば良いということでもなく
少ない労力で多くの成果をだす
という本田さんの「Doing more with less」の概念が
詰まった一冊だと私は思います。

そして読まれた方はまずは行動する。
「時間割」を作成する、インプットの時間を天引きする
などからはじめられると良いのではないでしょうか?

忙しい、忙しい」といって心を亡くされている方

一度本書を読まれることをオススメします!



人気blogランキングrainbow


本日はお付き合いありがとうございました!

あなたにとって今日がいい日でありますように。




Posted by hiro at 07:17│Comments(0)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ