【人脈術】036.人を動かす D・カーネギー(著) 山口博(訳):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【人脈術】036.人を動かす D・カーネギー(著) 山口博(訳)

2008年06月01日

人を動かす 新装版 ,デール カーネギー、Dale Carnegie、山口 博,4422100513


人を動かす 新装版

デール カーネギー、Dale Carnegie、山口 博

[詳細はAmazonで⇒]



おはようございます。
今日の東京は清々しい日曜日になりそうですね。

またまた
人脈本になってしまうのですが

今日の本もオススメです。

『人脈の教科書』になっております。

【FROM Amazon】
まずamazonには
●あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない

とあります。

【目次】
人を動かす

PART1 人を動かす三原則
PART2 人に好かれる六原則
PART3 人を説得する十二原則
PART4 人を変える九原則


【概要】
本書は随分前に書かれた本なのですが
その原理原則は
いまでも通ずる
まさに教本的位置付けになっているなと
思います。

それでは「人を動かす」を
紐解きましょう!


人気blogランキングrainbow

あなたの1クリックが励みになります。ポチっと応援よろしくお願いします。



【紐解き】

PART1 人を動かす三原則
・批判も非難もしない。苦情もいわない。
率直で誠実な評価を与える
・強い欲求を起させる。
 -人間の行動が心の中に生まれる最善の法で
  相手の心の中に強い欲求を起させる

PART2 人に好かれる六原則
誠実な関心を寄せる
笑顔で接する。
・もっとも大切な響きを持つ言葉
聞き手にまわる
・相手の関心を見抜いて話題にする。
・重要感を与える。誠意をこめて。

PART3 人を説得する十二原則
・議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける
・相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない
・自分の誤りを直ちに快く認める。
おだやかに話す。
・相手が即座に"Yes"と答える問題を選ぶ
・相手にしゃべらせる
・相手に思いつかせる
人の身になる
・相手の考えや希望に対して同情を持つ
・人の美しい心情に呼びかける
・演出を考える。
・対抗意識を刺激する。

PART4 人を変える九原則
まず褒める
・遠まわしに注意を与える
自分の誤りを話した後、相手を注意する。
・命令をしないで意見を求める
・顔をたてる
・わずかな事でも惜しみなく心から褒める
・期待をかける
激励して、能力に自信を持たせる。
・喜んで協力させる
【感想】
人脈術の原理原則の集合体だなというのが本書にはあり

1つ1つの原理原則は本当にメッセージ性が
あって今の世の中にも通用する
ものになっていると思います。

全部で30原則を実践して
初めて本書の真の価値が生まれてくるのでは
と私は思いました。

なかでも人を非難することがどれだけの無益か
いうことが印象的で

批判・非難するのは楽なこと
言う側もほとんどの人が一時のきっかけ
がそういう行動にさせているのだと思います。

相手の立場になって、相手の気持ちを考えて
自分でも批判・非難されたら嫌だなと思えたら
批判、非難ってなくなっていくのかなとも思います。

本当にこういう本を読んでいくと
今まで受けてきた学校教育下の抑止力であったり
教育方法には疑問を感じます。


心に残ったことばとして
ほめることばは、人間にふりそそぐ日光のようなものだ、
それなしには、花開くことも成長することもできない。我々は事あることに
批判の冷たい風を人に吹き付けるが褒める言葉というあたたかい日光を人に注ごうとはなかなかしない


ごもっともで…

褒めるってことは日光なんですよね。
ただ、褒めるばかりではなくこのあたりも
人を動かすの原則を使って
自分なりにアレンジしていければと思います。

まだ、本書を読んでない方は是非読んでみてください。
人を動かす 新装版 ,デール カーネギー、Dale Carnegie、山口 博,4422100513


人を動かす 新装版

デール カーネギー、Dale Carnegie、山口 博

[詳細はAmazonで⇒]


本書を読んだ上で読むとまた
あらたな気づきをみつけられるかも!?
【人脈術】015.一生モノの人脈術 キース・フェラッジ(著) 森田由美(訳)

【人脈術】009.レバレッジ人脈術 本田直之(著)

【人脈術】035.出逢いの大学 千葉智之(著) 中川ミナ(落描き)

人気blogランキングrainbow
クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

あなたにとって今日がいい日でありますように。


Posted by hiro at 08:36│Comments(4)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 中川   2008年06月02日 11:21
hiroさん、こんにちは。

この本は私も大好きです。
好きな本No.5の中に入りますねー。

ではでは、今後とも宜しくお願い致します。
2. Posted by hiro   2008年06月02日 21:59
>中川さん
カーネギーの本は素晴らしいですよね!

やっぱり名書ですよね!
こちらこそ今後ともよろしくです!
3. Posted by hidemaru   2008年06月05日 08:17
カーネギーの『人を動かす』と『道は開ける』は名著ですね。私も本がボロボロになるくらい読みました。
今、『道は開ける』の英語版オーディオブックを聴いています。終わったらこの『人を動かす』にも挑戦してみようかと思っています。
4. Posted by hiro   2008年06月06日 06:56
>hidemaruさん
カーネギーの2冊は本当に名著だと思います。自分の読む年齢にもよって感じることが違ってくる気がして。

名著はいつの時代でも役に立つということでしょうかね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ