【継続術】038.「続ける」技術 石田淳(著):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【継続術】038.「続ける」技術 石田淳(著)

2008年06月03日

「続ける」技術
フォレスト出版
発売日:2006-10-20
おすすめ度:4.5


おはようございます。
入梅したみたいですね。
雨の日々が続きますが
単純に嫌だなと考えるのではなく
どう雨と付き合っていこうか
考えると面白かったりするものです。

そういえば私昨日で25歳になりました。
なのでタイトル変更になってます〜
今後どうすればいいのやら・・・

さて、今日は
物事が続かない〜
メンドクサイヨ〜


という方必読の本になっています。

タイトルはもうそのまま「「続ける」技術」!!

【FROM Amazon】
まずamazonには
●英会話学習、各種試験勉強、日記・手帳術、禁煙、ダイエッ
ト......。
世の中、継続しなければ意味がないものばかりですね。
しかし、「長続きさせる」って、なかなか難しい。
いつまでたっても目標達成できずに、
挫折感を味わうだけ。

「あ〜あ、自分は何て意志が弱いんだろう......」
ひょっとしてこんなふうに思って、
自信をなくしていませんか?

本書でご紹介する
「行動科学に基づいた『物事を継続させるための』セルフマネジメント手法」
は、あなたの意志の弱さや性格、精神論や根性とはまったく無縁のものです。
無駄な努力の必要がない、誰にでもできるスキルなのです。

とあります。

【目次】
「続ける」技術

第1章 あ〜あ、やっぱり続かない……
第2章 「続かない理由」はここにある
第3章 行動に着目すれば物事は簡単に継続できる!
第4章 ステップで解説!続ける技術を身につけよう!
第5章 続けるためのちょっとしたコツ
第6章 行動科学で続けられた!


【概要】
続かないことが

私って意思や根性が弱いな〜
私って情けないな…


ということばかりに着目してきたような気がします。
ただしその考えが間違っていた

続けることはちょっと考えれば
すぐにできること

と私に気付かせてくれた本です。

それでは「「続ける」技術」を
紐解きましょう!


人気blogランキングrainbow

あなたの1クリックが励みになります。ポチっと応援よろしくお願いします。



【紐解き】

第1章 あ〜あ、やっぱり続かない……
・英会話学校が続かない
・ダイエットが続かない
・禁煙が続かない
・整理整頓が続かない
・日記が続かない

第2章 「続かない理由」はここにある
・やり方がわからない
  → 継続の仕方がわからない

・続かない
  → 信頼を失ってしまう

・不足行動
  → 習慣化されていないが必要
    すぐに成果がでない

・過剰行動
  → 格別な努力なしで簡単に続いてしまう
    快楽やメリットがすぐ確実に表れる

・ターゲット行動
  物事を増やしたい、減らしたいと思ったときに
  考える標的の行動のこと

第3章 行動に着目すれば物事は簡単に継続できる!
・増やしたい、減らしたいことによって
 ターゲット行動の発生をコントロール
 達成できたらご褒美

・続けるコツ
 行動の補助を決定する
 行動の動機づけ → メリットを考える
 行動のハードルの高さを調整する 
 
 →続けないためには
  逆を減らしたいライバル行動に着目する。

第4章 ステップで解説!続ける技術を身につけよう!
本当に続けたいかどうか

明確な目的、目標はあるか

・ゴールには目標数値を盛り込む

 → スモールゴールを設定する

・メジャーメント

 →いつからいつまで取り組むかを明確にする

・チェックする

第5章 続けるためのちょっとしたコツ
・行動コミットメント(契約書)をつくろう

・ペナルティは無駄金を使うように

・結果だけではなくプロセスを見る

第6章 行動科学で続けられた!

・英会話 → ターゲット行動を明確に
・ダイエット → コンビニに近づかない
・禁煙 → ハードルをあげる、15秒間だけ我慢する。
・整理整頓 → ポイント制にした
・日記 → 人の手を借りた

【感想】
物事が続かない人は一度自分の行動を分析することが

どれほど大切かということが学べたと思えます。

さすが行動科学マネジメントの石田さんが著書なだけあります。

自分の行動を分析して

あっこれは過剰行動
あっこれは不足行動

とバランスよく

そして長続きしていいものを増やしていくのが
大切なことかもしれないですね。

やることが多すぎて迷っている人は

第4章で説明されていた

・本当に続けたいか
・明確な目的・目標があるかどうか
・期限はいつまでか

を上手に利用するのが一番良いのかなと思います。

そのためにはやっぱり中間地点の
スモールゴールをつくって
モチベーションをあげるなど

自分で工夫していくのも面白いかもしれないですね!

不足行動・過剰行動・ターゲット行動についての考え方は
本書にはもっと詳細に書いてありますので
興味もたれた方は是非一読してみてくださいね!

さぁ今日から分析して実践に移してみましょう!



【本書の中で紹介されていた興味のある本】

リーダーのためのとっておきのスキル
フォレスト出版
発売日:2005-12-14
普通の人がこうして億万長者になった――一代で富を築いた人々の人生の知恵
自分を天才だと思える本 ― HEAD FIRST
きこ書房
発売日:2002-09-18
Amazy


是非読んでみようと思います!

人気blogランキングrainbow

あなたの1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

あなたにとって今日がいい日でありますように。

Posted by hiro at 07:28│Comments(0)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ