【人生を変える力】052.大切なことに気づく24の物語 中山和義(著):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【人生を変える力】052.大切なことに気づく24の物語 中山和義(著)

2008年06月17日



おはようございます。

今日紹介するのは
人間関係や将来の不安など
を抱えるまさに私みたいな人間には
すばらしい、本かもしれません。


大切なことに気づく24の物語」!!



【目次】
大切なことに気づく24の物語

1 自分を成長させてくれる物語
2 夢や仕事に情熱を与えてくれる物語
3 人生と人間関係を変えてくれる物語
4 家族、友人の大切さを教えてくれる物語


【FROM e-hon】
e-honの説明によると
本書では「自分を成長させてくれる物語」「夢や仕事に情熱を与えてくれる物語」「人生と人間関係を変えてくれる物語」「家族、友人の大切さを教えてくれる物語」を紹介し、読むだけで「人生」と「心」に栄養がつきます

とあります。

【本書にぶつける悩MENU】
・やりきれない今の現状を打破する方法は得られるか?
・生きる勇気とは私に必要なのか?
・私の心の栄養は足りているのか?

上記に対しての答えはこの本が持っているのか?

それでは
大切なことに気づく24の物語」について
紐解きましょう!

応援よろしくお願いします。
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




【紐解き】

■感謝

・生きる
-生きることは大切だと改めて自覚する必要がある。
-感謝は心が揺さぶられる
奥底に温かい気持ちが起こる

■自分を成長

・他人
-他人を理解しようと思わないと何も分からない
-人はいつか亡くなる、悲しささえ美しい
-本当に努力してこそ自分の宝になる
-笑顔で感謝の気持ちを忘れずに
-弱いところを人に見せる勇気
-世の中の将来を願って死んでいったもの達がたくさんいる

■夢・仕事に情熱を

・大人になる
-夢に向かって挑戦できる舞台に立っていることを感謝しよう。
-どのように人に役立っているか考えよう
-人が夢を裏切る
-可能性を信じる
-限界とは自分が決めるもの
-1週間後に自分が死んでしまうと考える
 今、何をするべきか
 それはなぜ、今できない?

■人生と人間関係

・人間関係

-周りを変えるにはまず自分が変わる必要がある
-人に期待をしよう
-けんかはすぐに仲直りしよう
 相手が死んでしまったらどうする?
-相手が正しいのでは、自分は間違っていないのか考える

■家族・友人

-魔女の呪い 邪魔・うるさいは決して使ってはいけない
-暮らしは豊かになったはずなのに心は豊かになったのだろうか?
-死んでしまう人だっている、今の幸せに気づかない
-愛する人には手紙を書こう
-人は一人では生きられない。

【感想】

改めて人は悩んで生きているのだと思う。

悩みの無い人なんていないのではないか

でもその悩みをどう捉えるかで全然生き方が変わってしまうんですよね
きっと

さて本書を読んで感じた悩みの解決方法を書いていこうと思う。

・やりきれない今の現状を打破する方法は得られるか?
 → 何がやりきれない(仕事か?)、何が不満かを分析し真相を突き止める。【短期】

・生きる勇気とは私に必要なのか?
 → 戦争で死んでいった者、大人にもなれずに死んでいった者がいる
   今、生きていることに幸せを感じよう。
   生きていればなんでもできる。【即効】
   
・私の心の栄養は足りているのか?
 → 不満に思っているならその人に手紙を書こう
   早速手紙で自分の意思を親に伝えようと思う。
   私が今こう思っていて、どのように生きて生きたいか。【中期】
   
 → 常に笑顔で接しようそうすれば楽しくなりそうだ。【即効】
   
といった感じで出てきました。
即効性のあるもの
遅効性があるものを私なりには発見できたのかな?

どれも割りと早く実行できそうなので
とりあえず行動に移そう!

あなただったらはどうやって悩みを解消しますか?

悩める私に助言ください!





最後まで読んでいただきありがとうございました。よかったらクリック応援お願いします。

人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 07:14│Comments(1)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by hiro   2008年06月19日 00:07
はっしーなゆきさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
相互リンクの件OKですよ!
リンクフリーですので
私もリンク作成させていただきます!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ