【YES★】059.3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術 マーク富岡(著):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【YES★】059.3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術 マーク富岡(著)

2008年06月27日



こんばんは。

突然ですが

やっぱり社会は人と人との対話でできていますよね。

人と話す駆け引きにロマンを感じる。
ん〜あたしは対話苦手ですぅ。。。

という方でも
交渉の能力を学べる本がありました。

タイトルは
3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術」!!

マインドマップ的読書感想文
「読むが価値!」にて
再度触発されたので…

文句なしにアマゾンアタック!!

【目次】
3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術

chapter1 ユダヤ人に学べ!どんな相手も「手玉にとる」技術
(「今の自分」を壊されたとき、「大きな飛躍」ができる!「やわらかなおもてなし」が、ビジネスの序曲となる ほか)
chapter2 どんな国でもOK!海外でたたきこまれた「負けない」技術
(世界を相手にする日本人が押さえておきたい三つのポイントアメリカ人から学ぶ「一気に主導権を握る」技術 ほか)
chapter3 交渉のゴールを決める!
手ごわい相手にも「YES」と言わせる技術(交渉が下手な「病因」を突き止めておけ!相手のYESとNOを自在にコントロールする ほか)
chapter4 交渉のあともビジネスは続く!相手も自分も満足する「WIN‐WIN」の技術
(自分がしてほしいことを、先に相手にしてあげるお互いが納得できる代替案を見つけ出す ほか)


【FROM Amazon】
amazonの説明によると
英語もできない、
交渉もできない、
ひとりのビジネスマンが、
あるユダヤ人との出会いをきっかけに
交渉術に開眼。

それ以来、会社員でありながら、
世界76か国に
ビジネスネットワークを
構築するまでに至った秘密とは?

世界中のエグゼクティブから学んだ
「交渉相手を手玉にとる技術」
「負けない技術」を
こっそり公開します。

とあります。

【本書にぶつける悩MENU】
・3000人のユダヤ人に英語力なしでYESと言わせるには何を会得すればいいのか?
・交渉術を学び相手に気持ちを伝える方法を知りたい!
とこんな視点で読み進めたいとおもいます。

それでは
3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術」について
紐解きましょう!

応援よろしくお願いします。
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




【紐解き】

■手玉にとる
なにもかも「つもり」だった
-ひとりよがりになっていた
-負ける相手に出会い「プライドが傷つく」と思ったら素直に学ぶ

厳しい契約
-相手に好かれればいい

稼ぐことは
-稼いでも恨まれない知恵を持てばいい

自分のこと
-笑って話す、されけ出す
-あなたを知っているという先入観は×

交渉のアジェンダ
-主張を論理的に
-事実と自分の意思原則をいちいち確認
-数字で自分の主張を通す
-ランチは空腹を満たすものでなく相手を知るもの
-身なりは玄関、カバンはオフィス
-タイムマネジメントはしっかり書く

座る位置
-三角ポジション

会話の大前提
-聞き役に徹する
-舌は心のペン

■負けない技術
3つのポイント
-わからないことは「わからない」という
-聞く耳をもつ
-思っているだけでは伝わらない

アメリカスタイル
主導権
-スマートに威圧感を与え一気に得る
-自分の意見のあと相手に場を与える

イタリアスタイル
-笑顔で雑談をして相手をリラックス
-交渉の目的、最終ゴールについて詰めていく

スペインスタイル
-情報を人から得るためリラックスする食事などで
 本音を聞いて交流を深めて人が人をよぶスタイルを築く

アラブスタイル
-何を基準に人を判断するかを分析し好かれる

韓国式
-まねからオリジナルをつくる

インドスタイル
-論理的質問を続け相手を疲れさせ説得する

中国式
-前例を安全な形で
-発注や支払いにリスクを感じさせたらNG

ゲルマンスタイル
-間違っていても主張し続ける

フランススタイル
―淑に準備し知識を蓄える
⊂ー蟲い泙泙鵬駭辰垢
「YES」をすぐには言わない
ぢ領

ユダヤスタイル
-ユダヤ人の思想は凄いと思い流儀をそのまま相手に返す
 
■手ごわい相手にも「YES」
病因
-避け
-妥協
-怖い
-自己主張
-駆け引きが苦手
などがブレーキとなっている病因

妥協させる
-YESの理由を考える
 準備80:本番20
-目的とゴールを紙に書く


譲れない点
-折れてもいい点もつくっておく

大事なことを真っ先に言う

強気に出ない

即答しない
-後で答える勇気も大事

小出しに要求
-合意に近づける

解決できないトラブルはない

迷い
-相手が迷ったら立ち上がって握手

■WIN-WIN
自分がしてほしいこと
-先に相手にしてあげる

納得できる代替案を用意
-お互いハッピーに

勝てたかも
-と思わせる肝要

日本人ブランド
-聞き上手
 WIN-WINツール
 -相手の意向
 -解決策
 -満足
 -戦略を立て直す
 
自分のブランドを大事にしましょう!



【感想】

すごい

すごいよこの本!

なんてワールドワイド!

アメリカンスタイルやイタリアンスタイルは
まだしも

インドやアラブのスタイルも勉強できるなんて!!

マークさん、なんてワールドワイドな方なのだ。
(今日、土井さんのセミナーでお話聞けるのがとても楽しみです。)

お国がらのスタイルがわかり
読んでいて

あれっ日本人のスタイルはないのか??

って思ったら最後にちゃんと用意している。

よい書きっぷりしております。


【本書にぶつける悩MENUの解】
3000人のユダヤ人に英語力なしでYESと言わせるには何を会得すればいいのか?
 →聞くこと、紙に書くこと!
  相手の話を聞くことが大事。相槌を打つ。
  そして、妥協しない、ぶれないためにも紙に目的を書いておくこと大切!
  さっそく実践しやす!【即効】

交渉術を学び相手に気持ちを伝える方法を知りたい
 →上記とかぶるが書け
  気持ちを伝えるには思っているだけではダメだということ
  日本人は気持ちで伝わるのではと思いがち、そんなことはない。伝えろ!【即効・遅効】

あぁなんか心が洗われた。
私は気持ちを伝えるには思っているだけで大丈夫
な傾向がちょっとある
相手のアクションが怖かったり、駆け引きが嫌いだからだ。
でもそんなこと自分で決め付けてしまっているだけなんだね。所詮。
勇気をだすことが凄く大事。

そして色々な経験でノウハウを貯め込むことが
凄く大切なんだって実感できました。

アクティブにアクティブに行こう!






最後までお付き合いありがとうございました。応援クリックお願いします。

人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 02:14│Comments(2)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ten@10倍ブログ   2008年06月28日 01:54
5 hiroさん、こんばんは

金曜日、土井さん&ミスターM&マーク富岡さんのセミナー後の懇親会でお隣になりました。
お若いのに、まだまだ勉強しようとする気持ちが素敵だと思いました。またセミナーでお会いできれば幸いです。
2. Posted by hiro   2008年06月28日 18:36
>tenさん
早速のコメントありがとうございます!
懇親会のときは色々お話が聞けて勉強になりました!

またセミナーでお会いしましょう!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ