【勝間式思考術】060.勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 勝間和代(著):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【勝間式思考術】060.勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 勝間和代(著)

2008年06月28日



こんばんは。

今日は発売2日後くらいには読めたのですが
どうしても記念すべき60回目にこの本はとっておこう
と思った本の紹介です。

タイトルは
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」!!

マインドマップ的読書感想文
にてsmoothさんがすんばらしい書評をされているのでご覧ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

えっ!?
あぁ私の記事…
私は私なりに20代の若造の気づきを紹介しましょう!

勝間さんの本はほとんど読んでいるのですが(全部を書評しきれていないのが心苦しいですが)

今までのボリューム、内容、わかりやすさにおいて勝間本
最高傑作だと思います。


【目次】
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力

第1章 「ビジネス思考力」を定義する!
「ビジネス思考力」を定義する!
なぜ今、「ビジネス思考力」が必要なのか
ベストセラーに見る労働環境の変化と市場のニーズ
「教えて君」から脱却しよう!
思考の六つの段階
ブルーム博士の思考の六段階モデル
知識のレベルで思考を止めない!
ビジネス思考力をつけることで得られる五つの果実
ビジネス思考力はコツさえわかれば、日常生活で習得が可能

第2章 ビジネス思考の基礎となる7+1の力
まずは「フレームワーク力」のお話から
基本的なフレームワーク21選!(カラー図解つき)
既存のフレームワークから新しいフレームワークをつくる
書籍の知恵をフレームワークで整理するクセをつける
「○○○力」とは何を示すのか、というと

第3章 一つめの力 論理思考力
論理思考をわかりやすくいうと
そもそも、「論理」って何?
論理思考力を身につけるための三つのテクニック
MECEに分類するクセをつける ほか
論理思考力を身につけるための四つの実践方法
「なぜ5回」を繰り返す ほか
とはいえ、「あと知恵バイアス」には注意!

第4章 二つめの力 水平思考力
水平思考力をわかりやすくいうと
デボノの有名な問題
想定した範囲以外から解を出す
水平思考力を身につけるための三つの基本テクニック
自分が無意識に使ってしまっている前提を疑うほか
水平思考力を身につけるための四つの実践方法
種になりそうなアイデアの量をとにかく増やしてみる ほか

第5章 三つめの力 視覚化力
視覚化力をわかりやすくいうと
視覚化力をつけるための三つのテクニック
画像が持つパワーを理解し、効率的な情報処理方法として活用する ほか
視覚化力を身につけるための四つの実践方法
フォトリーディング+マインドマップをマスターする ほか

第6章 四つめの力 数字力
数字力をわかりやすくいうと
画像の対極、数字の世界
数字は、正確な情報共有のためのもの
数字を組み合わせる力は創造性につながる
数字力を身につけるための三つのテクニック/四つの実践方法
第7章 五つめの力 言語力
言語力をわかりやすくいうと
言語力を身につけるための三つの基本テクニック

第8章 六つめの力 知的体力

第9章 七つめの力 偶然力

最後に
巻末 お薦め書籍・アイテム・URL 50


【FROM Amazon】
amazonの説明によると
本書では、ビジネスで一歩先行くための基礎的なものの考え方<フレームワーク>を、
1 論理思考力 2 水平思考力 3 視覚化力 4 数字力5 言語力 6 知的体力 7 偶然力
の7つに分類。それぞれの力を身につけるための3つの基本テクニックと、4つの実践方法について、
豊富な事例、勝間さん自身の経験をおりまぜ、わかりやすく解いています。

特に、「論理思考力」については、外資系コンサル等で多用される基本的なテンプレート21をカラーチャートにして掲載。
それに加えて、それぞれのフレームワークごとに勝間さんがお勧めする書籍もカラーで紹介しています。
まさに、勝間和代の「頭の中」、すなわち、その発想と、仕事の質・量・スピードの秘密をはじめて公開する貴重な1冊です!

とあります。

【本書にぶつける悩MENU】
・限られた情報、限られた時間でどうしたらビジネスを考え出せるか
・フレームワークを活かした生活をするにはどうすればいいか
とこんな視点で読み進めたいとおもいます。

それでは
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」について
紐解きましょう!

応援よろしくお願いします。
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ





【紐解き】

■ビジネス思考力を定義

-自分を中心に持っていけたほうが特

限られた
-限られた時間・情報の中で判断する必要がある。
-拙速は避けるべきだが鈍足はもっと避けるべき

今必要なのか?
-意思決定
-教えて君は問題外
-プロセスを考える
-思考は 
 知識
 理解
 応用
 分析
 統合
 評価
 のプロセスをぐるぐる回す
-知識でとめては意味が無いよ!
-なぜを5回考えよう。
-事実をしっかり確認しよう。

適切な
-推論
-判断
 Price
 Product
 Place
 Promotion
-行動
 アウトプットすることでより高い付加価値を持とう
 
五つの果実
-将来予測可能性
-リスク管理想像力の欠如
-新しい行動→分かっていないからできない
-より恵まれた仕事に就く
 流行に流れて就職するから失敗する
 ビジネス思考で活躍しよう!
-無駄を削減しよう
給料をもらいすぎているから残業を断って職を失うのでは
という脅迫概念に追われる。

■フレームワーク
現実を観察する
-方法
 仮定
 概念
 価値
 慣行
 
-自分なりに束ねて整理して覚えやすくしよう

基本
-空・雨・傘
-3C
-4P
-5W1H
-PDCA
-マトリクス
-戦略キャンパス
-CTQ
-VRIO
-採用分布曲線
-バリューチェーン
-6つの帽子

新しい
-フレームワークを自分でつくってしまえ

○○力
-書籍を整理してつけろ

■論理的思考
トンデモ
-トンデモ理論 や 験かつぎ ×

仮想思考

MECE(ミッシー)
-もれなく、ダブりなくする考え方

ピラミッドストラクチャー
-展開して仮説を立てる考え方

身につける
-業務に即した問題をフレームワークに当てはめて考える
-パズルを解く 量が質に変わるときがくる
-なぜを5回繰り返して原因を追求する
-観察して仮説を立てる

■水平思考
ラテラル
-広げる考え方

ロジカル
-ロジカルシンキングとあわせることで立体思考に変化する

テク
-前提条件を疑う
-見方を変えてみる
 新しい見方
  SCAMPER
   -Substitute
   Combine
   Adapt
   Modify
   Put
   Eliminate
   Reorder
-組み合わせてみる

実践
-アイデア量
 それって本当に??と疑う
  ヒューリスティック
   -代表制
   -利用可能
   -固着性
  よい失敗をしよう
  成功は復讐しよう
-試す
-失敗から学ぶ
-チームを活用

■視覚化力
基本
-画像
-デザインの力
 パスモやスイカの改札が傾いているのも視覚を巧妙に利用している
-画像と文字体験的に捉える

実践
-イメージストリーミング
-マインドマップ
-チャット わかるではなく感じる
-夢 睡眠でみて字にする

■数字力
正確さを伝える技術

基本
-分解
-意味を知る
-統計学を一生の友達にしよう!

実践
-データを見る
-身の回りのことを数字にしてみる
-数字で仮設する
-人に説明するとき数字を用いる
-30秒分かるままに
-相手の心に響くかどうか

■言語力
テク
-多くの知識を用いる
-説明を知る
-言葉に落とす
 比喩を用いる
 なんとなくはダメ
 言葉は財産だと思いなさい
 体験を伝える
 
実践
-ブログで訓練する
-辞書・検索で調べる
-話すことを書く
-読書・読書・読書

■知的体力
基本
-基本
 食べ物と知力
  デメリットがわかっていないからやめられない
 健全な精神
  いいなとおもうことはとりあえずやれ
 身体と頭
  
実践
-ブレインジム
-聴覚・触覚
 味覚・嗅覚で人の雰囲気を知る
-身体にいいものを!
-三毒追放
 妬む×
 怒る×
 愚痴る×
 
■偶然力
テク
-チャンスを生かせることは無数にある
-与えられた情報からつながりを見つける
-失敗や批判は吸収して
 無理に格好つけないようにしよう

実践

-よいチャンク
-常に観察する
-魅力的な人になろう
-常にポジティブに考えよう!


【感想】

この本を読む上でまず完璧主義は捨てなくてはいけないと言っておきたい。

正直あなたは勝間和代にはなれないのである。

だから自分で使えそうな部分だけ
おいしいところだけ持っていこうと思えばいいのだ

気を楽にして読んでしまえ。

いきなりこんな莫大な量のフレームワークを憶えられて実践できたら

あなたは勝間さん以上の方だと思うので
本でも書かれたらどうだろうか。

当然私もいきなり全部を学べると思っていないし
思いたくも無い。

今回読んだことで得られたことは解として書いてみる

【本書にぶつける悩MENUの解】
限られた情報、限られた時間でどうしたらビジネスを考え出せるか
 →とにかく量をこなせ!
  迷っているくらいだったら情報を突っ込んだほうが時間がかからなくていい
  時間をかけているんだったら時間を短縮する方法を見つければいい話。
  下手な鉄砲も数うてばあたるっぽいぞ!?【即効】

フレームワークを活かした生活をするにはどうすればいいか
 →手っ取り早く生活に6つのプロセスをぶち込む
  知識を得よう
  その知識を理解しよう
  理解した知識に自分の思考をプラスしよう
  プラスしたものが適用できるか分析しよう
  分析したものを統合してみよう
  評価しようを繰り返すことが凄く大事。
  とりあえずこれだけ学べば本書の価値は十分あるのでは??【即効・遅効】

正直、自分にとっては難しいことも多かった。
ただその部分は今は役に立たない部分だと思う。
役に立つ知識を得て、理解して、実践に移して
とやっていくうちに引っかかるものがあればまた本書を取り出して
読んでみればいい

そうすると必然的にあらたな気づきが得られるんだと思う。


読書・読書・読書と勝間さんが書かれている通り
読書って凄く大事。

ただこの本を読んで勝間さん「ネ申」だよ
とか思われてもいいかもしれませんが

もっと色々な本に触れて欲しい
色々な本に触れて初めて勝間さん「ネ申」と仰るのはいいことだが
そうじゃなくて一つに触れてこれがいいと断言してしまうのは危険だと思う。
自分で確認して初めて話せることだよね。

と色々な目を向けて欲しいといったが

この本は
まさにバイブルとして一家に一冊置いておいて損はないのではないかな?

量を質に転換させて
オンリーワンを目指しましょう!

【関連記事】
【時間術】030.無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法 勝間和代(著)
【方程式】016.利益の方程式 勝間和代(著)
【生産術】004.効率が10倍アップする新知的生産術 勝間和代(著)
【勉強法】003.無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法 勝間和代(著)




最後まで読んでいただきありがとうございました。応援クリックお願いします。

人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 18:31│Comments(6)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by hidemaru   2008年06月28日 19:12
この本、一言ではあらわせないくらいスゴイですよね。
私も、色々な企画を練るのですが、少しずつ使っています!!!
2. Posted by hiro   2008年06月28日 21:49
>hidemaruさん
確かにこの本のボリュームはすごいですね!

自分に適したものから使うのが一番いいのかななんて私も思います!
3. Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文   2008年06月28日 23:55
hiroさん、ご紹介ありがとうございます。
hiroさんの記事も力作ですし、ホント、いかにこの本がディープかってことですよね。
勝間さんの本領発揮、といったところかと。
4. Posted by hiro   2008年06月29日 01:09
>smoothさん
いえいえ、本当に記事に感銘をうけましたので!

本書は本当にディープだと思いますし
現存の勝間本の最高傑作だと思います。

勝間さんとsmoothさんのような関係を私も見つけられるように日々邁進したいと思います。
5. Posted by BNBN   2008年07月02日 23:04
hiroさん

はじめまして、BNBNと申します。
これだけ詳細な書評を書き上げるなんて凄いです!
僕も最近ブログを始めて書評の真似事をしていますが、
なかなかhiroさんとかsmoothさんみたいに上手く書けないんですよ(笑)

トラックバックの調子が悪くてまだ反映されていないみたいですが、
トラックバックさせて頂きました。

また、hiroさんの書評を拙ブログで紹介させてもらう機会があると思うので、よろしくお願いします。
6. Posted by hiro   2008年07月03日 00:45
>BNBNさん

拙blogご紹介いただきまして本当にありがとうございます。

私もまだまだです。
私も徐々に自分の型を持てるようになってきているかなと思います。

インプットアウトプットは継続しないと意味がないように思います。

お互い頑張りましょう!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ