【SP004】『聞くが価値』 vol.01:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ セミナー・勉強会【SP004】『聞くが価値』 vol.01

2008年06月30日

スペシャル記事第4弾

今日は雨の中

sundayな渋谷を行ってきました。
(山手線が遅延していて
見事に遅刻してしまいました…悲しいのう。。。)

その名も

最強コラボセミナー『聞くが価値』vol.01 「お金」と「人脈」で、自分の影響力を10倍にする投資術」!!

マダム・ホーさんと鹿田さんのコラボレーションセミナーです。

ちなみにマダム・ホーさんの著書である
世界一愚かなお金持ち、日本人

は人間味、お金に対する考え方。非常に素晴らしいです。是非是非!!


「お金と人脈で自分の影響力を10倍にする投資術」
その真相はいかにぃぃ…!?

応援よろしくお願いします。
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ





【紐解き】

■凡人でもできる
-お金持ちになる方法は色々ある。
-絶対これしかないという方法は無い
-誰でも素敵なライフスタイルにはなれるよ!
-人のおかげ
 何を目的に社会貢献できるかがサクセスキー
  
-家庭の不幸などによって
 キャリアを捨てなくてはいけないときがくる可能性がある
  それに備えるために勤労所得と不労所得を得る必要がある

本業というタイヤ
-投資 → 株でも不動産でも何でもいいと思う。
 不動産は回収まで2年目処
 
-一輪車
 仕事が一輪だと自分がこがないといけない

-4輪車 
 4輪+スペアタイヤを用意しておけば勝負に出られる。
 不動産であったりキャピタルゲインが得られる有料物件で毎月キャッシュフロー
 趣味を生かしたものマダム・ホーさんの場合は茶道 → 先生が勤まるもの!
 4輪があればチャンスを逃しづらい
 下調べはしっかりする。
 失敗はできないではない、大きな学び
 
-6月の梅雨の時期セミナーを開催した理由
 飛行機に乗る → 上空一万mはBlue Skyである。
 行ったことが無い人には想像がつかない

・地上には邪魔な障害が多い
 雲を抜けるには乱気流がある抜けるのが怖いから地上に引き返す者もいる
 抜けてしまえば恐れるのは自分の心のみ
 
→ 上昇気流に乗るには
  一儲け ×
  人儲け の思想で謙虚に教養をもって
  
■信用力  
-信用力があると一般には出ないビジネスができる
 それは個人ブランドがフェアだから
 
-信用を築くには
  日々の言動や行い
  誠実さ → いいこと悪いことも包み隠さない
  基本的なマナー
  人格 → 心ありき
  情報を見極める知識
  行動力 → 現場・現物・現実
  失敗を恐れない → 朝起きたときと夜寝るとき1日に学びがあれば成功者になれる
  1日1時間を3年続けれる → 石の上にも三年
  ビジネスパートナーは結婚相手よりも大切
  
お金がお金を生む
 
72の法則
7倍の法則 → 2倍を7回繰り返す

なぜお金を金利0.〜%の銀行に預ける?
たとえ1%でも7倍の法則で72年×7=500年… 生きてればいいけどね。

人間関係
-採用される条件
 熱意・心
 チームワーク
 器


-途上国でお金儲け
 確かにできるが夜ゆっくり眠れなくなる
 
-ヨーロッパの資本化
 今の日本は20年後確実になる
  消費者の考え方も変わっている。
   
不満
-不満を人のせいにしているうちはだめだよ
 親・社会・学校のせいにしている
 全部自分のせいではない?
  → 原因を結果としてうけとめて
    行動に対して責任を取る
    悪口は言わない
    
ONLYONEを
-自分に何ができるかを考える
 相手に財布の中身を見せてはいけない
  それはお金があってもなくても

-お金はツール、ルールではない
 → 人を利用してという人は良くない
 
-サバイバル精神
 人助けに見かえりは気にしない
 ブランド志向な日本人だがユダヤ人はブランド志向なんてことない
 
日本のよさ
-温故知新で己を武装しなさい

-おもてなしの精神
 外資系のおもてなしの精神なんかより
  日本の古き良きおもてなしの心を学べ

-serviceはserve つまり 相手に貢献する
 おまけがついているわけではない
 
 二宮金次郎の道徳心、松下幸之助から学べ

20代に戻れたら…
-持っていて上がるものを買っていた
-学部は理系でよかった
 不動産を見るときに材質等の価値が分かるため
 本質を現場で見れた為
-MBAを取得していた
 そしてゴールドマンサックスに就職して金融知識のノウハウを学んでいた
 
-友人とビジネスはしなかった
 善・できる人 → ビジネスパートナー
 善・できない人→ 友達
 悪・できる人 → お金でプロとして
 悪・できない人→ 人でなし
 
 友人とは利害関係にあってはだめ
 
NETWORK
-人でなしを見抜く、付き合っていると自分も人でなしに見られる

本誕生秘話
-パンチがないといわれる
-金持ちの方が買ってくれた
-日本人として生まれたからには昔の人々の次の世代へという
 想いのもと生きているということを考え人々を失望させてはいけない


-生きた意味
 失敗から学べ 学べば成功しないわけが無い
 


【感想】

再び印象的だった言葉をマインドマップにして
メモ

伝わりづらいですが。
何かしら引っかかってくれれば幸いです。

人として、日本人として
生きている意味を何か考えさせられる
とてもいいお話が聞けました。

お金はツールであってルールでないこと

別に一輪車で人生生きる必要はないのだよということ

教育の上で学んできたことをただやっているだけでは
なんにも進展がなく

埋没して人生が終わってしまうこと

だから失敗を恐れずに行動するということが
すごく大事であり

大切だという言葉が
マダム・ホーさんという同時通訳や不動産のプロフェッショナル
から学べたということが凄く貴重で
凄く大切に感じた。

そうだ。仕事だけじゃない。

本にサインを頂いたとき

私は25という年齢で今ひたすら生き方に迷っている、
今は何をすべきでしょうか
と質問したら

『恐れずに色々タネをまく行動を取れば自ずと未来は開かれますよ』

と言葉を頂いた。

やらないで恐れるより
行動して失敗してそこから学ぶ時期なのかなと思いました。

マダム・ホーさん
すばらしいお話をありがとうございました!


そして最後に
鹿田さん
このような素敵な場を開催していただきありがとうございました!
(懇親会も非常に楽しかったです。
書評ブロガーのハヤカワノブさんとお話するという目標も達成し満足満足!)


【オススメされていた本】

ミリオネアの信用力
インデックス・コミュニケーションズ
発売日:2008-06-10
おすすめ度:5.0
カリスマ手品師(マジシャン)に学ぶ 超一流の心理術
ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2007-02-05
おすすめ度:4.5
バフェットの投資原則
ダイヤモンド社
平野 誠一(翻訳)
発売日:2005-07-01
おすすめ度:5.0
人を動かす 新装版
創元社
発売日:1999-10
おすすめ度:5.0



【関連記事】
【お金を学べ】048.世界一愚かなお金持ち、日本人 マダム・ホー (著)


最後まで読んでいただきありがとうございました。応援クリックお願いします。

人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 00:29│Comments(5)  
セミナー・勉強会 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 鹿田尚樹   2008年06月30日 21:51
昨日は、ご参加ありがとうございました!

さらには、こんなに素敵なご紹介をいただきまして、感謝!です。

書評ブロガーが3人も一同に介す機会なんてあまりない貴重な体験でした。
(そもそも、2人ですら経験ないのに・・・)

失敗を恐れず、行動にトライしていきましょう!

2. Posted by hiro   2008年06月30日 23:44
>鹿田さん
こちらこそ素晴らしい場に参加できて本当に光栄でした。

書評ブロガーがあんなに集まるのは
本当にすごいですよね。

そうですね
失敗を恐れずに
れっつらごー!ですね♪
3. Posted by ハヤカワ ノブ   2008年07月01日 00:04
hiroさん、昨日はお疲れ様でした!

hiroさんに会えて、僕も満足・満足です

今後とも宜しくお願いします!
4. Posted by どら   2008年07月01日 20:39
とても良かったみたいですね!!

失敗を恐れずに、行動していきましょ
5. Posted by hiro   2008年07月01日 23:58
>ノブさん
お疲れ様でした。満足・満足ですね!
本当に縁を大事にしたいとおもいます!

こちらこそよろしくお願いします!

>どらさん
失敗を恐れず行動する勇気
今私に必要なものかと実感しております。

どらさんとも近いうちにお会いできる
と思いますよ私は。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ