【視点を変えて】087.サーバントリーダーシップ入門 池田守男×金井壽宏 (著):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【視点を変えて】087.サーバントリーダーシップ入門 池田守男×金井壽宏 (著)

2008年07月30日



こんばんは。

今日の本はサラリーマン勉強島読書会にて

お世話になっている
マイミクのたくひろさんが紹介してくれた

サーバントリーダーシップ

という概念について書かれた本。

サーバントリーダーシップ入門」!!

ーバントリーダー
聞いたこと無いですよね。

あなたはリーダーといえば
誰を思いつきますか?

リンカーンとか日本で言うと明治維新の坂本龍馬とか西郷隆盛とか
でしょうか?

でもこのサーバントリーダーというのは
いわゆる皆さんが認識しているリーダーとは違うリーダー

【FROM Amazon】
amazonにはこうあります。
リーダーが掲げるミッション・ビジョンを実現すべくメンバーはついてくる。そんなメンバーをリーダーを下から支え尽くす--これがサーバント・リーダーシップの考え方だ。本書は、社長は下から社員を支えるという「逆ピラミッド型」の組織構造を導入し、経営改革を実現させた資生堂相談役の池田氏と、リーダーシップ研究の第一人者・金井壽宏教授のコラボレーションによる日本初のサーバントリーダーシップ実践の書。

とあります。

さて本書から私が何を学ぼうかと思うと↓

【本書にぶつける悩MENU】
・サーバントリーダーとは何か?
・どういう人がサーバントリーダーになれるか? また、リーダーとの違いは。
とあなたも思ったであろう、こんな視点で読み進めたいとおもいます。

【目次】
サーバントリーダーシップ入門
刊行によせて
はじめに
1サーバント・リーダーシップとは何か
2サーバント・リーダーの経営改革
3サーバント・リーダーシップと使命感
4ミッションで支えて組織と人を動かす
<ミニ版>サーバント・リーダー入門



サーバントリーダー(召使リーダー)いったい何なのでしょうか…。
サーバントリーダーシップ入門」について
紐解きましょう!

応援よろしくお願いします。
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ





【紐解き】

■サーバントリーダーシップとは
リーダーシップ
-フォロワーたちが自発的に動く影響プロセスをつくる
-マネジメント
 と影響力は別物
 
あなたに
-あなたについていきたい
 と素朴に純粋に思わせるリーダーシップ
 
フォロワー
-見えないものを見ている

社長
-社員のための存在で無ければいけない

自分達
-自分達を思ってくれる
-根本的に高い志をもち
 使命感に帯びている人についていく
 
上に立つ人
-みんなに尽くしていくタイプ

世の中
-存在するもの皆わけがあってつくられている

特別な住人
-特別な住人などいない

特徴
-〜蠎蠅坊皇
  時には先頭に立ってパワー全開になる
  
-大きな夢を
  ビジョナリーコンセプト
  コミュニケーションが上手い
  
-フォロワーに
  聞きやすい状態をつくる
  
-じ斥
  誠実にうまく使う
  想像力に長けている
  
-ス気┐
  ことを知ること
  
-受容と共感

-Т驚領呂藩集力

-直感に従う決断

-見直し

-気づき

-雄弁

-尽くす、癒す

思い描く

■経営改革
会社
-ビジョンを明確に伝える

秘書
-奉仕や献身の心
-Be just and fear not!

至哉坤元
-万物資生

逆ピラミッド
-社長が一番下

ブランド
-絞り込むことが大事

サーバント
-部下を支える
-やる気を引き出す

与ふるは
-与ふるは受くるよりも幸ひなり → GIVE・GIVE・GIVEの精神

買い手よし
-買い手よし、世間よし、売り手よしの順番が大切

多様性
-尊重と互助
-互恵の精神

■使命感
理念
-信条や方針
 サーバントの精神をトップダウンのリーダー論と
 組み合わせて使うことも時には必要
 

-精神バランスが人格を形成する
-思いやり、気遣い、人間的優しさが重要

常に
-他人に配慮する
-感謝の念を

ひとつの
-型にはまるな

■組織と人を動かす
使命感
-命を使うの言葉通りに!

ぶれずに
-やり遂げろ

全方位に
-影響力を与える

上たらし
-次の世代を考えつつも

踊る大捜査線
-和久さんのような精神

時には
-先頭にたつことも必要
-トランスフォーメーショナルリーダー → 変形型

誰でも
-なれるリーダーである。カリスマ性の問題ではない。

ポイント
★傾聴
★共感
★説得
ささやかなことを真剣にできる者



【感想】

やぁ面白い
リーダーという先頭に立って皆を引っ張っていく概念を
根底から覆してくれる考えだ。

確かに目立たないけど必要不可欠な人っていますものね。
『〜の右腕』と呼ばれる人たちは皆サーバントリーダーなのかもしれません。

【本書にぶつける悩MENUの解】
サーバントリーダーとは何か?
 →縁の下の力持ち的存在
逆ピラミッドの底辺じゃないですが
この人が組織にアンテナを張っていることで
影響を与え、感動で人を動かす。この概念は非常に大切。【納得】
  

どういう人がサーバントリーダーになれるか? また、リーダーとの違いは。
 →誰でもなれる
ただし、ピラミッドの上に立ちたいと考えている人は無理。
リーダーはカリスマ性やら絶対性で先頭に立って人々を導くもの。
もちろんこのリーダーは大切。しかしサーバントリーダーは
相手に対して傾聴し、共感し、説得するという本当に相手のことを真剣に考えることができる人であれば
誰でもなれる、しかも重要なリーダーである【遅効】

サーバントリーダーはすごく誠実だということですね。

ただ、何も考えていないというのはダメで
やっぱり理念や信条をしっかり考えていて
かつそのためにGIVEし続ける。

ピンとこない私の世代の人は

『踊る大捜査線』に登場する和久さん

を思い出して欲しい。

和久さんの
誰にでも好かれる誠実さ

若手からも進んで見習おうと思わせる力

そして現場には現場の信念があるということを
周りに伝える信念

あれがまさにサーバントリーダーシップだと
本書には書いてあった。

詳しくは
同著者の著書で

『踊る大捜査線に学ぶ組織論入門』
踊る大捜査線に学ぶ組織論入門
に書いてあるそうだ。

ちくしょぉ、読みたくなってついアマゾンで購入しちゃったじゃないか…
お上手で。

とリーダーなんて私には無理と頭打ちするのではなく
サーバントリーダーという考えもあるのだと
考える発想が大事なのかなって思う。

にリーダーにならなくてもいい。
だってすでに
私とかあなたには存在している意味があるのだから。

あえてリーダーと名を付けると
こういうリーダーもあるということを知れたことに感謝したい。





↓よろしければ応援クリックお願いいたします↓

人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

本日もお付き合いありがとうございました。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 23:59│Comments(2)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. サーバントリーダーシップ入門  [ 書評リンク ]   2008年08月14日 22:54
書評リンク - サーバントリーダーシップ入門

コメント一覧

1. Posted by eclipticjp   2008年07月31日 21:23
たくひろさんが当日持って来た冊子、
昨日ようやく手に入れました。
とても興味深いですよね。
僕は本田直之さんの「レバレッジ人脈術」の影響で、「コントリビューション」を重んじていますが、通じる物があると思います。
これから読んでみます!
2. Posted by hiro   2008年08月01日 00:21
>eclipticjpさん
おぉ〜あのグリーンリーフ冊子ですか!実は私はまだです…

コントリビューションと通じるもの
確かにありますね。
自分なりの法則を発見する
面白みがあるのではないかなと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ