【人信じやすき者】113.影響力の武器 ロバート・B・チャルディーニ(著) 社会行動研究所(訳):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【人信じやすき者】113.影響力の武器 ロバート・B・チャルディーニ(著) 社会行動研究所(訳)

2008年08月26日



まずあなたにとって
影響された人物や影響を受けた言葉、物事様々あると思います。

今日の本はそんな

『影響』

に関する本

影響力の武器」です!

本書は以前マインドマップ的読書感想文
サイドバーで紹介されていて(←これも立派な影響力!!)
興味が沸いたので読んでみようと買ったはいいのですが

なんせページ数が…
と思って積読状態になっていました。テヘっ

Business Bible Readersでも最近取り上げられていたので
よし読もうと思い読書〜

しかし読んでみるとスラスラ〜

わずか1時間30分くらいで読めてしまいました。
思い込みって怖いですね…

【Amazon】
amazonにはこうあります。
「ふとした隙につけこまれ、あれよあれよという間に欲しくもないものを買わされてしまった」「ひっかかるはずのない怪しい〈儲け話〉に乗せられてしまった」「人気商品なのに品薄なことが多い・・・・・・」などなど。本書の著者は、街頭や個別の訪問販売、怪しげな宗教の寄付などで苦い思いを味わった経験から、セールスマンや広告主の世界に入り込み、人がどのような心理的メカニズムで動かされるのか解明した。第二版では、世界各地の読者から寄せられたレポートを追加し、より身近に詳しく「影響力の武器」を描き出す。消費者心理のからくりをユーモラスに描いた、セールスマンにとっても消費者にとっても必読の一冊。

とあります。


【本書にぶつける悩MENU】
人を動かす影響、人にポジティブに与える影響とは何か
とこんな視点で読み進めたいとおもいます。

【目次】
影響力の武器
第1章 影響力の武器
第2章 返報性-昔からある「ギブ・アンド・テーク」だが・・・・・・
第3章 コミットメントと一貫性-心に住む小鬼
第4章 社会的証明-真実は私たちに
第5章 好意-優しい泥棒
第6章 権威-導かれる服従
第7章 希少性-わずかなものについての法則
第8章 手っとり早い影響力-自動化された時代の原始的な承諾


さてさてこのブログも誰かにささやかな影響をもたらせれば良いのですが…
影響力の武器」について
紐解きましょう!



今日も応援よろしくお願いします。
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ





【紐解き】

■影響力の武器
◇カチ・サー
-「カチ」というボタン
「サー」と流れる一連の行動
固定的行動パターン
  
◇てっとり早い
-てっとり早く適応するには簡便にする

◇柔道
-心得を持てば
 たとえ非力に女性でも自然法則の力を使う

◇何気なく
-反応することが間違いを犯すことがあると心得る
 
◇承諾
-武器のような特徴が承諾に導く

■返報性
◇他人
-恩恵
 は似たような形で返したがる
  この行為は社会の進歩に不可欠
 
-無料商品
 リスクが無いので置いたら断る人はまずいない

◇借り
-知らぬ間に感じてしまうもの

◇ルール
-不公平な交換
-人間関係で望ましくないものも
-社会に有益に

◇望みもしない好意 
-でも受けた相手には影響が適用される

◇拒否
-譲渡する

◇あわせる
返報性とコントラスト原理

◇防衛
-最初の好意や譲渡を誠実に受け入れ
 それでもあやしければトリックを再度確認する。
 
■コミットメント・一貫性
◇成功の秘訣
-目標を紙に書く
 
-自己イメージを描くと公共精神にのっとる

◇ローボールテクニック
-承諾先取法
 不利な選択で人を満足させる

◇一貫したい
-人は言葉や信念や態度を一貫したい欲求がある
 評価が高いと有益に簡便方略
 
◇自分が
-そうしたかったとみなされるのがコミットメント

◇やりたくない
-見極めるのは胃が反応する
 相談しよう

■社会的証明
◇重要な手段
-他の人が何を信じてどう行動しているかを見る

◇2つの状況による強い影響
-不確か
 自分が確信をもてないときの影響
 
-類似性
 自分と似た他者のリードに従う傾向
 
◇誤り
-影響されないために
 類似した他者が明らかに偽りか敏感に反応する

■好意 
◇自分
-好意を感じている知人の言葉はYESといってしまう

◇好意を抱く要因
-身体的魅力
 美しさ

-類似性
 似た人の意見はあまり考えずYESという
 
-称賛
 軽いお世辞でも好意につながる
 
-親密製
 高めると好意につながる

◇防衛
-社会的
 相互作用から一歩引く

■権威
◇強い服従
-圧力によるもの

◇本物
-優れた知識・力があれば
 服従するのは短絡的意思決定になる
 
◇シンボル
・肩書き
・服装
・装飾品

◇防衛
-本当に専門家か、どの程度誠実か?

■希少性
◇機会
-失いかけるとより価値を
 量や時間に限りがあると信じ込む
 
◇効果
-本当に貴重かはたまた手に入りにくいのか

◇希少の目立つ条件
-他人と競い合うとき
-新たに希少価値が設定されたとき

◇防衛
-カッとならず冷静に

■手取り早い影響
◇影響の引き金
-コミットメント
-お返しの概念
-他者の承諾
-好意
-友愛
-権威による命令
-希少性

★これらを要請の際はいくつか忍ばせる

そしてインチキには対応できるように 


【感想】

んとも
濃ゆい内容です。

影響力って人間の社会の上では必ずあるものですものね

だからカリスマだとか
あの人かっこいい〜、美人〜とかいう論議がおきるわけで

そして人間は一度受けた恩をなかなか
仇では返せない生き物なんだなって思う。

よくマンガとかで
敵のキャラクターにでも手を差し伸べれば

のちのち改心して
「あのときの借りはこれでチャラだ」
とかいって助けてくれるようなキャラクターがいるように

返報性というのはすごく有効的な働いをするのだなと思う。

カチッ というボタン
サー  と流れる行動

と書いてあったがこのことも割りと
何でもに当てはまるようなことで
パターン行動してしまったほうが人間も楽だから
パターン行動したがるのだよね
って改めて思わされた。

そういった意味だと最近の「仕組み」系の本の
言っていることは楽するために

ごもっとも

なパターンだって再認識されるわけで。

さて
人を動かす影響、人にポジティブに与える影響とは何か

という質問に対しての私の答えはというと
好意とその人が満足するような影響を与えるということ
かななんて

いや凄く後者は難しいと思うのだが
好意を向ければほとんどの人には有効

もちろん好意にだっていろいろ種類があるので
ここは経験値を上げるしかないのだけれど

ダメ男がいい女を捕まえるような
ローボールテクニックはあんまり使いたくないかななんて…
(だからモテない!?…orz)

でも
-コミットメント
-お返しの概念
-他者の承諾
-好意
-友愛
-権威による命令
-希少性

これらを要請に忍ばせるというのは凄く納得したので
技として取り入れていきたい。

ネガティブに取り入れた防衛策が本書に記載されていたが
冷静にとか、敏感にとか
圧倒的に経験値が必要なものばかりに感じてしまい
悪い影響こそ広まりやすいのだなという認識もした。

可能であれば良い
Influence
を起したいものである。



影響力の武器[第二版]


人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

本日もお付き合いありがとうございました。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 21:51│Comments(2)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 影響力の武器[第二版]  [ 書評リンク ]   2008年09月06日 14:17
書評リンク - 影響力の武器[第二版]

コメント一覧

1. Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文   2008年08月29日 01:37
hiroさん、こんばんは。
遅くなりましたが、ご紹介ありがとうございます。
何と言うか、この本は「マスト」ですよね。
私も一番インパクトが強かった一冊です。
2. Posted by hiro   2008年08月30日 08:53
>smoothさん

コメントありがとうございます!
ありきたりといえば
ありきたりなのかなって思うけど
実はこの本からのパクりが多いのかななんて・・・
仰るとおり「マスト」な一冊ですね!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ