【あなたに合った方法で】124.成功本はムチャを言う 新田義治(著):あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書【あなたに合った方法で】124.成功本はムチャを言う 新田義治(著)

2008年09月14日



今日の本も

【行きたいお店がそこにある】106.新宿駅最後の小さなお店ベルク
を紹介したときに行われた勉強会で教えていただいた本

成功本などのビジネス書大好きな方へのアンチテーゼ??

成功本はムチャを言う
という本です。

【FROM Amazon】
amazonにはこうあります。
世間にあふれる成功本。それを読んでも95%以上が挫折する本当の理由を、ライフ&ビジネスコーチの第一人者が教える。挫折するのは「実践しないから?」…成功本の著者はな~にもわかってない!?

とあります。


【本書にぶつける悩MENU】
成功本は読まないほうがいいのか?
とこんな視点で読み進めたいとおもいます。


【目次】
成功本はムチャを言う!?
はじめに
第1章 成功本はな〜んにもわかってない!?
第2章 成功本、「八つの成功ノウハウ」に物申す
第3章 成功本を"自分流"に読み替えるヒント
終章 そもそも"成功"って何だ?


いわゆる読み方だと思うが…
さてさてどうなることやら
成功本はムチャを言う」について
紐解きましょう!

今日も応援よろしくお願いします。
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




【紐解き】

■成功者はな〜んにもわかっていない
◇成功本
-道は開ける・思考は現実化する

-求める人
 自分は成功していないと思っている人
 
-読んでも必ず成功しない

◇実践
-していないというよりは
 できない。
 そもそも著者という方たちは行動力が違う
  
◇興味
-人
 それぞれ違うからこの世は面白い

-人の傾向
 目標達成
 親和的
 献身的
 評価的
 
◇ラクして
-ラクして儲かる
 仕組みを考えるのにどれだけ苦労しているか
 読み解いているか
 
◇自由
-より深く
 考えぬいて選択する
 
◇強き
-強きはより強く弱きは報われないという
 考えの方はアメリカ型の本がいい
 
◇エッセンス
-成功本にはエッセンスが詰まっている
 活かすも殺すも読み方次第
 
■ノウハウに物申す
◇こうしろ
-こうしろ、ああしろタイプ
 結局自分のタイプと異なったら意味が無い
 
◇1.目標明確化
-旅に行くのと同じ
-紙に書く
 ただ書いただけではダメ
  あふれるくらいのパワーがあるからこそ紙に書ける

◇2.期日・スケジュール
-分野によっても変わるだろうし
 ムチャなスケジュールを立てるとNG
 スモールステップで
 
◇3.好きなことをする
-1つの観点で選ぶな
 
 ◇4.ポジティブ思考はダメ?
-失敗が失敗していないと見える
 失敗からの立ち直るコツを知らないと命とりになる

◇5.人に感謝する
-Take&Giveになっていないか?

◇6.自分に投資
-ケチすぎになっていないか?
 彼女にご飯をおごらなかったり
  ステップアップのチャンスを失うよ

-自己満足
 やみくもだと自己満足になる
  自己満足では意味が無い
  
◇7.いい人と付き合う
-メンターはいるか?
 やみくもに人脈というのは違う
 自分の得手を掘り下げればおのずと開かれる
 
◇8.潜在意識
-簡単に変わる?
 枠・トラウマを取り払うのは難しい
  その人のペースで
  
◇ノウハウ
-人によって当てはまり方が違う

■成功本を自分流に
◇なかなか
-結果がでない
 でやすいタイプは目標達成型
 
◇性格傾向
-目標達成型
 行動重視の勇タイプ
 
-親和的
 調和する親タイプ
 
-献身的
 愛を大事にする愛タイプ
 
-評価的
 考えて行動する智タイプ
 
◇好きなこと
-自分の本当に好きなこと
 例えば音楽が好きだから歌手にとか
 アニメが好きだからその仕事に
 と表面的ではダメ
 
◇目標へのアプローチ
-勇タイプ
 ひたすら高く
 
-親タイプ
 自分の役割をひたすら
 
-愛タイプ
 誰かの為に
 
-智タイプ
 仕組みを作る
 
◇続く目標
-心の底から思っていないとできない
 続かないようであればその程度
 
-ムチャ
 ハードルが高すぎる
 
-スケジューリングができていない

◇ネガティブ⇒ポジティブ
-ネガティブな自分を騙すことが必要

◇自己投資
-ちょっと懐が痛いと感じるくらいの自己投資を
-何でも学ぶ姿勢

★誰もが我が師である

■そもそも成功とは
◇成功
-今持っていないものを
 獲得すること
  欠けているから目がいく

-ただ真の成功とは  

★世のため、人のため自分の魂を燃やして生きることではないだろうか



【感想】




この言葉をじっくり考えたことがあるだろうか?

あなたは何を持ってして
成功といえるのだろう。

莫大な財産を築く?
良い配偶者を得る?
自分の好きな仕事をする?

一般的にはこれを成功と言い切って
いいのかもしれない。

でもちょっとまって
今生きていること
平和に暮らしていること
一人で過ごしていること
仲間と楽しむこと
テレビを一日中ぼーっとみること

考え方ではこういった些細かもしれないけれど
ささやかな事柄が成功と言ってもいいのだと思う。

私の場合は今の現状を成功なんて
ちっとも言えない事実があるからこそ

先人達の知恵を拝借して
「成功」ということを探している

だからこそ
悩める平凡会社員の多読成功術というブログを書いているわけで…

ただ。成功というのは人それぞれ

どういう人になりたいか

どういうことがしたいのか

正直分からない

という人が多いのだと思う。
ただ時を過ごすとそうなってしまうから。

その発見の糸口が本になると思う。

やっぱり本によって
視野が広がり
今の現状ではまずい
ということに気づかされ
挑戦しなくてはという気持ちになる

だからまだどうなるかなんてわからないが
信念だけは変えずに迷わず進むというのが

今の私は
成功しているなんて
思えない

本書で言っている

『世のため、人のため自分の魂を燃やして生きているか』

という質問には
残念ながらNOと言わざる負えない。

そういう自分が悔しいし
情けないから
本を読むという行為
ブログに書くという行為ができているのだと思う。

さて
成功本は読まないほうがいいのか?
という質問に対する答えだが

やっぱり本は読んだほうが良いということ

決して著者は成功本を読むことが悪いこととは言っていない。

まぁタイトルは何か成功本を否定している節があるし
成功本のここが間違いみたいな書きっぷりがしてあるから…

ただし、本書自体が

自分を見つめなおして
あなたに合った本を読みなさい

っといった感じの

成功本になっている
と言わざる負えないのではないでしょうか。

そして、私自身の読書法はあながち
間違っていないなと感じた。

さすがに100冊ほどアウトプットして違うんだって
なったらショックだけれど…

多読することはいいこと
見極める視野が広がる。

だから1冊目で
例えば売れ筋の本の

勝間さんの本や本田さんの本が
すげぇ〜ってなっていても

いやっすげぇ〜のはわかっていますが何か?

ってなっちゃいますね。
言っちゃえば超人クラスです。

すごい超人クラスで緻密な計算がされていて
本当にすごいと思いますが

その方法に合わせられるほど
あなたは超人クラスですか?

と読者の方に言いたい。

というかそんな超人クラスであれば
勝間本や本田本はたまた
神田昌典さんの本
松下幸之助の本
カーネギーの本
ナポレオン・ヒルの本

なんて読まないだろう。

人は自分に無いものを欲しがる。

それは物でも。

知恵でも

技でも

だから成功本をよむのであれば
自分がどういうタイプの人間で
どういった手法が向いているのか
としっかり分析して

それにあった先人たちの知恵を
自分流にカスタマイズしていく

というのが面白いのではないかなと思った。

この世の中
異なった人間達がいるからこそ面白い。

だから読書も自分を発展させる手法で
やっていけばいいんじゃないかな。

成功とは

世のため、人のため、自分の魂を燃やして生きる

この熱い考えには私も大賛成。

魂を燃やして生きなくては、生きている意味がないしね…



成功本はムチャを言う!? (青春新書INTELLIGENCE (PI-209))


人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

本日もお付き合いありがとうございました。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 21:37│Comments(3)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 成功本はムチャを言う!? (青春新書INTELLIGENCE (PI-209))  [ 書評リンク ]   2008年09月16日 18:24
書評リンク - 成功本はムチャを言う!? (青春新書INTELLIGENCE (PI-209))

コメント一覧

1. Posted by lemoned   2008年09月15日 00:21
私は読書はあくまで自己実現のために、必要な人が行うものだと考えてます。

自己実現を目指し、毎日真剣に生きている人は、
最終的に理想像に届いても届かなくても、
懸命に努力する過程で素晴らしい何かを得ているのではと思います。

だから、たとえ夢がかなわなくても、それを「失敗」だと片付けることは出来ないはず。
そこに成功も失敗もないのだと思います。

俗的に「成功者」「勝ち組」になることそれ自体が目的になって、
成功するために成功本を読んでいるような人は、
確かに何か間違っていると感じますね。


2. Posted by hiro   2008年09月15日 22:50
>lemonedさん
コメントありがとうございます。
自己実現するために
悩んで悩んで苦しんでいる方は多いと思います。現に私もそうでした。
でも、どうすればいいのか
分からないんですよね。

苦難も人それぞれですし。

ただ、それを解消してくれる近道がやはり先人達の知恵が詰まった読書というツールであるのかななんて思います。

だから読書という素敵なことをもっと広めたいし、誰かの役に立てればという思いがあるからこそ
私もこのブログを書いているのかな
なんて思います。

そうですね。仰るとおり何が勝ちで何が負けなんて
ベクトルでそもそも計ることが間違いなのかなって。

人には得なこと、不得意なことがある
勉強がすべてじゃないし、お金がすべてじゃない。違う人間が存在するからこの世は面白いんですものね。

3. Posted by lemoned   2008年09月16日 00:05
>ただ、それを解消してくれる近道がやはり先人達の知恵が詰まった読書というツールであるのかななんて思います。

同感です。
自己実現したくても方法が分からない人、
そもそも自己実現なんて無理だとあきらめてしまっている人、
どちらにしろ良い本を読むことでなにかしら
開ける道があると私も思います。


>だから読書という素敵なことをもっと広めたいし、誰かの役に立てればという思いがあるからこそ
>私もこのブログを書いているのかな
>なんて思います。

私がブログを始めたのはアウトプットの練習のためでした。
なので、実は最初はあまり読む側の人のことを考えていなかったんです。

しかし、様々な良書に触れて、
自分がどんどん影響を受けるのを感じるにつれ、
自分のブログを通じて一人でも多くの人が
未来を自由に描けるようになればと、
思うようになりました。

なので、hiroさんの姿勢には素直に共感をもてますし、
尊敬すべきだと感じるんですよね。

読書を通じて志の高い方にめぐり合える、
これも読書の醍醐味ですね!
これからも是非是非よろしくお願いします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ