【SP012】STUDY HACKS! -楽しみながら成果を上げる勉強法-:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ セミナー・勉強会【SP012】STUDY HACKS! -楽しみながら成果を上げる勉強法-

2008年10月11日

スペシャル記事第12弾

こんばんは。

10月9日の夜は
ビジネス選書セミナーへ行ってまいりました。

お題は

STUDY HACKS!
東洋経済新報社
発売日:2008-02-28



などで活躍されている
小山龍介さん


【本セミナーにぶつける悩MENU】
・楽習の真髄とは!?

とこんなスタンスで参加させていただきました!

さてさて私もHACK術を身につけることができるのか!?

今日も応援よろしくお願いします。
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




【紐解き】

■新規事業に必要な要素
◇アート&サイエンス
-アメリカでは既にビジネス+デザインの融合がはじまっている

-アイデアをHACK
 サイエンスからアートへを意識した技法である。
 アートは楽しく学べるから
 
■HACKS
◇銀河と台風
-銀河の流れはある程度予測できるが
 台風の動きは難しい
 
-二項対立
 分析的パラダイム
  過去のデータを分析して一つの正解を出す
  
 創造的パラダイム
  将来の可能性を仮設する
   → 正体『答えのない世界』
     いろんな可能性がある

■ワークショップ
◇あなたの持っているモノは?
-認識しているものは
 ごく一部の思考
 脳の枠組みで重要なのはスキーマー
 見ていないものを見る
 
◇スキーマー
-豊かにするには
 インプット→アウトプット→フィードバック→ブラックボックス
 スキーマーを拡張する要素はアート
 
■コーチング
-フィードバック
 普段はフィードバックなどないので
  相手の様子がわからない
   そこをフィードバックすると見違える
   
-アハ体験
 普段から抜けている、驚かない、別に別にと思っている
  これではダメ。生活にアハ体験を見出す。
  
◇スキーマー
-スキーマーが多いのと物知りはちと違う

-見ながらわかる
 分母 → 創造する スキーマー 捉え方
      いろんな視点
      
 分子 → 物知り
 
 分母を大きくする
 
■フィードバック
◇スキーマー 
-仮説
 分母を現実のストーリーから見る
 
-あぁそうか。
 スキーマーが新鮮に覚え
  拡張される
  
-分母を増やす
 世の中の見え方が変わる
  楽しくなる
  
-間違っていい
 違うと思ったらやめてもいい

-試行錯誤
 世の中を楽しくするスキーマー
 
■関係性
◇アマゾンの蝶
-アマゾンの蝶が羽ばたけばテキサスにトルネードを起こす
 小さな変化が大きな違いを与えるということ
 
◇微妙
-微妙な違いが豊かな違いになる

-要素が増えれば
 劇的に複雑になる
 
■数式化
◇言語学
-1900年ソシュールにより構造として

◇文化人類学
-レヴィ=ストロース
 親族関係構造
 
◇ゲーム理論
-ノイマン
 損得勘定を数式化
 
◇中心のない
-関係性
 ニーチェ → 神(サイエンス)は死んだ
 
-カオス
 不規則
  数式で表現できること“も”ある

-複雑系
 予測つかない
 複雑なままでいい
 
■暗黙知 
◇言葉によらない
-暗黙のknowing

-暗黙とは知るプロセス

-言葉なくして思考は可能

-模型
 分析すると同じ形
 
 言葉
  作って創造的
  思い出す、思い出せない
  認識、外から情報変化へ
  
-人は14歳で全て知ったことになる
 
-knowing ≠ knowledge

■思考の表層・深層
◇表層
-knowledge
思考を言葉に翻訳

◇深層
-knowing
複雑な関係性をそのままの形で取り扱い思考する。

◇最大限に
-呼び覚ます
 スピリチュアルやオカルトチックになってくるが・・・

■知識
◇知識そのもの
-知識の知識
 知識の関連性
  教養、把握

◇ロゴス(表層)
-理性
 論証する言葉

◇ミュトス(深層)
-空想
 時を告げる
 時を作る
 
-暗黙知
 教養
 
-勉強法
 語られる
  音声学習
  
-言葉
 できない好奇心
 違和感を大切に
  理解しないでよい
   謎が謎を呼び
    冴え渡る
    
-時空
 超えた温故知新
  共時的つながり
  
◇NG
-わかっていることを確認すること

■因果性と共時性  
◇因果  
-縦軸を学ぶ
 targetをどうするか
 
◇共時
-シンクロニシティ
 関係性は絶対的
 物事は相対的視点で関係性をおさめている

■Lifehack
◇複雑 
-複雑でいい
 受け入れて、世界を生きよう
 
◇ミュトス
-外科手術より東洋的医療でアプローチ

◇エヴァンゲリオン
-「きもちわるい」

◇強化学者
-答えない言葉がドーパミンを刺激する

-単純
 説明にう〜んと考えることが重要
 


【感想】

このセミナーはSTUDYをHACKするよりは

複雑さや、答えのないことを知った上で
学びを楽しめというのが命題だったのかなと感じた。

アート的な要素がビジネスには必要だと仰っていたが
それは僕もまえまえから思っている。

だってエンターテイメントっていう商売が
既にありますよね。

音楽だったり、映画だったり、絵だったり。

アート的側面をもったものは
評価されれば莫大なおカネを生む。

それって人々をいろいろな感動にもっていくから
でビジネスと何ら変わりない。

むしろビジネスだ。

サイエンス的な要素とアートな要素
この二つは確かに相対的ではあるがともに必要なんだね。

スキーマーというものが
今回のセミナーのキーポイントになっていたが
このスキーマーとは

あなたが持っているモノは?

という質問をしたとき
どうこたえるかということ。



スーツ
ipod

と答える分には普通。

勇気
思い出
情熱

等といえればいい線いっている。

そう、捕らわれない発想力

物知りとは違い
色々なものに転換できる考え方の母体

このスキーマーがあれば
普通の人がすごくしんどい仕事でも
発想の転換を起こし
すごく楽しい仕事にしてしまうだろうし


後半の内容は
ミュトスや理解しないでいいことがポイント。

やっぱりスピリチュアルチックになるのだと
思った。

本を多く読んでいると
スピリチュアルなことや脳のことについて
非常に興味が出てくる。
最近の本がそう仕向けるようにできているのかもしれないが
(多分僕だけじゃないよね…)

だから言葉にできない好奇心
違和感
因果性やシンクロニシティというのは
考えれば考えるほど納得いくものなのかなって思う。
ただ、一歩間違えるとオカルト的になって変な教団とか
起こしてしまう可能性があるので注意が必要だが…

そして一番しっくりしたのが

エヴァンゲリオン

テレビ版でも、映画版でもいいです。
是非見てください。

ただのロボットアニメという視点ではなく
人間の心・精神の流れ・人とは何かという視点で見ると
面白いです。

多分、常人で最初から理解できる人は
ほぼいないんじゃないかな…

わけわからないのがいい
ということ。

エヴァについては何回かみて
意味がわかってきたけれど

それでいいんだなぁって
理解しない、謎、
謎…

冴えるということになっていく。

このわからないを楽しめた人。
う〜ん?
という気づきが人を成長させていくのだな感じた
セミナーでした。

楽しく謎を呼びましょう!それが楽習の真髄だから。

【関連書籍】
【整理術】005.STUDY HACKS! 小山龍介(著)
 本講義の本。いろいろな勉強環境のHACK方法が掲載されています。また読み返そう。
 
【いまここにいる】111.神はテーブルクロス 須藤 元気(著)
 共時性についてはとてもいい視点で書いてある本。We are all oneってまさにエヴァだね。
 
【共鳴は意識から】139.CosMos(コスモス)  アーヴィン・ラズロ/ジュード・カリヴァン(著) 村上和雄(監修) 和波雅子・古田三知世(訳)
 相対性や科学的な発想、さらに現行の科学の間違いを指摘した
 第7感を信じてもいいという本
 
【関連物】
未見の方は是非、ロボットアニメではなく
 人間的本質という面で見てみると面白い作品です。
 「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」
-
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君にNEON GENESIS EVANGELION DVD-BOX '07 EDITION
Amazy



人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

本日もお付き合いありがとうございました。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 00:43│Comments(0)  
セミナー・勉強会 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ