白いネコは何をくれた? 佐藤 義典(著) - 多読成功術179 私は私:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書白いネコは何をくれた? 佐藤 義典(著) - 多読成功術179 私は私

2008年11月28日

何をやっているんだ私は

と自暴自棄に陥る時って

あると思います。

特に仕事に「慣れ」てしまったときとか

「やりがい」について迷ってしまっているとき。

そんな時、自分を戦略的に見つめられる本が今日の本

白いネコは何をくれた?」です。

サエナイ会社員のもとにやってきた
一匹のネコ。

そのネコが…

白いネコは何をくれた?
フォレスト出版
発売日:2008-10-21
おすすめ度:4.5



【本書にぶつける悩MENU】
自分は何の為に生きている?何ができる?
という視点で読んでいきたいと思います。

【目次】
白いネコは何をくれた?
戦略BASiCS 序論
プロローグ 昨日と同じ明日
第1章 Battlefield失意―お前はどこで、誰と戦っているのか?
第2章 Asset決意―お前は誰か?お前らしさとは何だ?
第3章 Strength反転―お前にしかできないことは何か?
第4章 Customer仲間―お前は、誰と共にいたいのか?
第5章 Selling message決戦―お前は誰だと世の中に宣言するのか?
第6章 戦略BASiCS使命―お前の使命は何か?
理論編
あと書き&ストーリー解説


ストーリー仕立てで
自分を見つめる旅に一緒に連れて行ってくれる本書

あなたは何を見つけられるか?

それでは
白いネコは何をくれた?」について
紐解きましょう!



Let's enjoy Reading today
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ



【紐解き】

■Battle field(戦場)
◇去年
-去年と同じ
 進歩のないままでいいのか?

◇人生
-本当に変えたいか?
 
◇どこで
-どこで誰と戦っているのか?

-お前の戦場はどこ?
 競合はどれ?

■Asset(決意)
◇自分
-どうしたいか
 わからない状態
 
  → 良くなるも悪くもならない
 
◇誰?
-お前は一体誰だ?
 お前らしさとは?
 
◇過去
-底にある動機は?

-行動以外に中身を変える方法はない

◇自分のDNA
-今できることを精一杯やる

◇個人の経験
-多くの場合は独自の資源になっている

◇今日
-昨日が楽しくなかったのなら
 今日を変えればいい
 
 今日を変えないと明日は変わらない

■Strength(強み)
◇強み
-強みという点を線に

◇お前にしか
-お前にしかできないことが

◇差別化
-手軽型
-商品型
-密着型
 などで差別できる
 
■Customer(仲間)
◇何でも
-何でも精一杯やる
 ダメでもいい
  できることを!
  
◇絞る
-セグメンテーション・ターゲット

◇誰と
-誰と共にいたいか

■Selling message()
◇世の中
-「お前は誰だ」と世の中に宣言するか

■戦略BASiCS
◇戦略
-タテの強みは一貫性を
 ヨコの強みは差別化を
 
◇強みと弱み
-強みは弱みであり、弱みは強みである

◇昨日
-昨日が嫌なら今日を変えればいい
 そうすれば明日は変わる
 
◇自分
-自分が変わることは構わない
 「今」集中することが重要だ


【感想】

昨日

誰でも昨日が訪れて、今日が訪れて
明日が訪れる。

そして、人間どうしても波がある。

その波の幅を上昇にしたまま

下げないでキープできるのが

本書で言っている「BASiCS」戦略なのかなと思う。

内容もストーリー仕立てになっていて

仕事、生きる熱意を無くした

27歳の広告代理店勤務のサラリーマン
日向実直という人物の話

同期にはサエナイなどとバカにされ
ついには仕事にまでミスを犯してしまう。

そんなときに
白いネコを道で拾い…

といった感じの話。

お話としては
ネコがしゃべれて師匠になって

「BASiCS」戦略を伝授してくれる話。

熱意に燃える経過で

自分をみつめ
熱意がもどり
同期にも認められ

最終的には仕事も成果をあげ
恋人もでき

とまぁサクセスストーリーです。

お話としては…
ですが非常に読みやすく
そして

「BASiCS」戦略ということが
非常に理解しやすくなっている。

ストーリーの後には著者の解説をついているので

Battele field
Asset
Strength
Customer
Selling message

といった「BASiCS」を見つめなおすと
確かに自分にも影響があるのではないかと思う。
(iが字余りなところがまた憶えやすいポイントなのかなっと)

もっと簡単に言ってしまうと

自分はどこで誰と戦っている?
自分は一体誰だ?
自分の強みは?
誰と共にいたいか?
お前は誰だと世の中に宣言するか?

というフレームになる。

このフレームワークを得られるだけで
本書の価値は十分にあると思う。

自分は何の為に生きている?何ができる?

という質問だが

戦略に当てはめて、自分を見る
といったところから始めればいいと思う。

今回は敢えて多くは語らない。

一つ前の本でも
「あたしは仕事したなー」って思って死にたい

という言葉が出てきたが

「今」を一生懸命生きることが
何よりも大切。

昨日がダメなら
今日頑張ればいい
そうすればちょっと変わった明日が待っている。


人生これの繰り返しなのかなと。

迷ったとき、沈んだときにもう一度読みたい本だと思う。

さてBASiCSに自分を当てはめてみるか…



白いネコは何をくれた?
フォレスト出版
発売日:2008-10-21
おすすめ度:4.5


白いネコは何をくれた?
【修寛化】
・BASiCSに自分を当てはめる
 自分はどこで誰と戦っている?
 自分は一体誰だ?
 自分の強みは?
 誰と共にいたいか?
 お前は誰だと世の中に宣言するか?
 
・今を懸命に
 昨日の反省をして
 今日は昨日以上に
 そして明日につなげる
 
【後記】
まさに昨日の夜は書評ができないくらいの状態。

気づいたら朝だった…

それでもまぁ今日は昨日以上に
動けば言いだけの話なのかなと、

本業の方が山場だが
元気を与えてくれた。

こういうタイミングって凄く大切なんだなって思う。

日々感謝。


人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 07:58│Comments(2)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by sugiyuzu   2008年11月29日 05:54
この本とてもよかったですね!
面白いうえに勉強になる。
ビジネス書には、物語形式の本が少ないですからね〜。
確かにiは何をくれたんでしょうか?!笑
個人的には、最近の中でオススメ本だと思います。
3. Posted by hiro   2008年12月02日 23:17
>sugiyuzuさん
BASiCSは改めて実践する必要があるなぁとおもいました。

ただ、主人公の彼女に対する呼び方が変わっていくのに嫌悪感を憶えました(笑)

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ