【SP029】コミュニケーションの品格セミナー『傾聴&質問力』トレーニング@虎ノ門:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ セミナー・勉強会【SP029】コミュニケーションの品格セミナー『傾聴&質問力』トレーニング@虎ノ門

2008年12月04日

スペシャル記事第29弾

こんばんは。

昨日は
サラリーマン勉強島でお友達から
セミナーの案内があったので行って参りましたよ!

コミュニケーションの品格セミナー!!

セミナーの講師は
イメージコンサルタントの吉原珠央さんです。

実はブログを大分前から拝見させて頂いていたので
ファンでした。

とお会いできるのを期待して
将来に備えるために!
傾聴力&質問力は身につけておきたい!

といってまいりました!

さぁて、どんな『気づき』が待っていることやら。

今日も応援よろしくお願いします。
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ





【感想】

会場についた瞬間
あきらかに普段行っているセミナーとは
空気が違うぞっと。

そして行ってみると
講師の吉原先生はもちろんのこと
皆様お美しい方ばかりで…

うわぁ〜」どうしよう…
と最初に思ってしまったわけで。

もともと極度の人見知り&女性との会話下手な
僕がですよ〜

だけど天から
困惑の中こそチャンスがある

というキーワードが降りてきて

もうそこからは楽しくセミナーを受講してきました。
 
活字だけではわからない

一生懸命、本を読んだところで
感覚はわかるかもしれないけれど

やっぱりこういったコミュニケーション能力は
実際の体験

ワークのなかでしか身につかないのかなと。

環境設定のドアなどの動くものを
意識するということはリアルに体験しないと絶対わからないわけで。

ジェスチャーも交えてコミュニケーションが
好きなので
傾聴は好きな分野かなと思っていたけれど

まだまだ。甘ちゃんだった。

特にペン

僕はメモ魔なので常にペンを持つ。
そして常に何かあったら書く。

もちろん書くのはいいことだけれども
ペンを常に持つというのは
遊び」をつくることになるので
良くないのだ。

確かに人が一生懸命話をしている中で

相手がペンをいじってたりしたら
嫌ですものね。

そう、傾聴も質問も
常に相手の視線、立場になって考えられるか
考えられないか

の違いだと思う。

そして人は十人十色なわけで

それぞれ「価値観」をもっているし
欲求」だって人それぞれなのだ。

そこを押し付けたりするのではなく
反応して
何を相手が求めているのか
と常に探ることが大切なのかなと思った。

この価値観と欲求を意識的に
分析できるようになったら
傾聴力、質問力のプロなのかなと
思える。

まぁあまり強張りすぎて
意識しすぎても困りますね。

また金曜日には
表現&会話力のセミナーもあるので
楽しんで参加してこようと思う。

吉原先生
今日は素晴しいセミナーありがとうございました。

品格を身につけたい女性の方
そして、コミュニケーション下手な男性!
ぜひ参加してみてください!


【関連書】
-コンサルタントの質問力
相手が何をという視点で追求するところは質問力において大切だと
質問力については良くかかれている本


人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

本日もお付き合いありがとうございました。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 07:27│Comments(0)  
セミナー・勉強会 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ