ニワトリを殺すな ケビン・D・ワン(著) - 多読成功術200 突っついても何も始まらない。:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書ニワトリを殺すな ケビン・D・ワン(著) - 多読成功術200 突っついても何も始まらない。

2009年01月01日

2009年
明けました。
今年も何卒お付き合いいただけますよう
よろしくお願いいたします!

さて、

今日の一冊は
「ニワトリを殺すな」
ニワトリを殺すな
幻冬舎
Kevin D. Wang(原著)
発売日:2003-03
おすすめ度:4.0

です。

本書は本田宗一郎の
いつも僕に良書を薦めてくださる方から
薦められた本です。ありがとうございます。

【本書にぶつける悩MENU】
「ニワトリを殺すな」に込められたメッセージは
という観点で読んでいこうと思います。

【目次】
ニワトリを殺すな
幸運のネクタイ
突然の異動
社長はどこ?
ニワトリを殺すべからず
Mr.ダンディー登場
デビットの告白
張り紙の秘密
商品は嘘を言わない
クイズ!?
人の心を知るべし
研究所へ出発
時間が勝負
DNAマネジメント
「創造」のための教訓
そして


それでは
ニワトリを殺すな」について
紐解きましょう。




Let's enjoy Reading today
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ



【紐解き】


■ニワトリを殺すな
◇偉くなるにつれて
-目で見る権力構造を考えた小賢しい人間は誰だろう

-Don't kill a cockという張り紙

◇失敗
-どういう試行錯誤をしたか

-一つたりとも妥協は許さない

■Mr.ダンディー
◇人を責める
-人を責めるのではなく
 問題の解決にい集中して議論をするべき
 
-夢中になる会議
 
-ニワトリは弱った鳥を突っついて
 集団で殺す、ニワトリ会議をしていてはダメ

◇経験ない失敗
-経験のないことをやって誤る失敗は
 本当の失敗ではない

◇自分で何もしない人間
-だいたい自分で何もしない人間は
 人の失敗をあげつらう奴
 
-できたらやってみる
 「やりません」といっているのと同じ

◇欠けている
-欠けている部分があるから進歩がある
 
◇人間が進歩
-まず一歩を踏み出す
 躊躇して立ち止まってはダメ

◇障害
-どんな可能性があるか
 足を踏み込んで初めてわかること

◇若いうち
-失敗はたいしたことない

◇Mr.ダンディー
-俺は色々失敗したが
 こんな大きな仕事もしたと誇れる生き方を

◇失敗
-原因を追究して反省する
 二度同じ原因を失敗しないように
 成功する人が少ないのは反省する人が少ない

◇自分
-ベテランだと思った瞬間没落する
 
■商品はウソを言わない
◇素人目
-違い、分かりっこない
 なんて思っていると…
 見くびらないこと
 
-商品は絶対嘘を言わない

-技術的な問題は
 技術で解決する

◇市場調査
-犬や猫はお金を出して買うのではない
人間がお金を出して買う
 
◇不満
-希望を知らないと
 真に受け入れられる商品は創造できない

◇時間
-時間が勝負
 必ずしもベテランや上司の人に良いアイデアが出てこない

-真実の前
 公平かつ平等であれ
 
-時間は神様が人間に平等に与えてくれたもの
 貴重な時間をうまく利用した者が成功する
 
◇慎重に慎重に
-といっている人に限って特別慎重になっていない

◇創造
-創造=アイデア×情熱

■DNAマネジメント
◇取締役の分室
-情報を分断させてしまう
 社長室なんていらない
 
◇力いっぱい
-人間を愛せよ
 
◇心で話
-心で話して心でぶつかっていく


【感想】

本書
ストーリー仕立てで
ページ数も少ないので
さくさく読める。

ただ、その中に詰まっているメッセージは
仕事上ではもちろん

その他に得られるものが
たくさんあるのではないか?

失敗のこと

時間のこと

原因に妥協しないこと

まさに本書は人生のヒントになるような
ことばかり書いてあるので

あんまり重い本を読みたくない人にも
すごくおススメできる本だなぁ
と思う。

初心を忘れそうなとき、
怒りにとらわれてしまったとき

そんなときこそ
もう一度見つめないといけないな
と思い返せるのが本書ではないかな。

さて、
「ニワトリを殺すな」に込められたメッセージは
という質問だが

ニワトリは傷ついたニワトリを
集団の中に入れてしまうと攻撃して
傷ついたニワトリを殺してしまうそうです。

会議、社会で大の大人が
こういうことをするシーンが非常に多いと思います。

言い方は悪いが
大人ってなんなのだろうか?

弱者って決め付ける社会が悪いのだろうか?
確かに怠けるだとか、失敗だとか
誰にもあることだけれども

その人に対して潰すように
集団で襲い掛かることは

ニワトリと同じことをしている
人間がそんな知的でないことを
やっていいのだろうか?

手を取り合うことはできないのか?

プライドとか

一人一人が
心で人間と接する

このことができれば
もっと楽しくなるんじゃないかな?

正しいこと
なんていうのも人それぞれで
わからないかもしれないけれど

心で接せられるからこそ
人間なのではないかな?

甘いかもしれないけれど
甘くてもいいのかもしれない

人間にできることを
やるべきなのではないでしょうか?


ニワトリを殺すな
幻冬舎
Kevin D. Wang(原著)
発売日:2003-03
おすすめ度:4.0


ニワトリは殺すな
【修寛化】
・ニワトリは殺さない
 失敗は誰でもする
 それをニワトリのように突いてはダメ
 問題を妥協せずに解決する案を
  
・失敗を恐れず、かつ時間を大切に
 行動、行動、そして時間を大切に
 動き回ることも大切
 
【後記】
お正月に実家に帰ってきているのですが
10月に生まれた妹夫妻の息子とこの正月に
初対面しました

3ヶ月なのですが
何かわからない言葉を発して
泣いたり、笑ったり

かわいいものです。

新たな命

僕の力なんてちっぽけなものだけれども
少なくとも手の届く周囲には

幸せになってもらいたい

2009年
去年よりも一歩
進んだ先見を持って活動できればと思う。

改めて、よろしくお願いします。

【関連記事】
※テスト運用中



人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

2009年も、よろしくお願い致します。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る


Posted by hiro at 23:38│Comments(0)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ニワトリを殺すな  [ 書評リンク ]   2009年01月02日 01:03
書評リンク - ニワトリを殺すな

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ