抜擢される人の人脈力 岡島 悦子(著) - 多読成功術214 磨く自分力:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書抜擢される人の人脈力 岡島 悦子(著) - 多読成功術214 磨く自分力

2009年01月28日

人脈本
正直溢れ返ってますよね…

そんな飽き飽きしていた人脈本に
光を照らしてくれたのが今日の本

抜擢される人の人脈力」です。



【本書にぶつける悩MENU】
チャンスを掴みに行くには
という視点で読んでいきたいと思います。

【目次】
抜擢される人の人脈力
第1部 なぜ今、「人脈」なのか?
第1章 ハーバードで学んだ人脈の哲学と人脈スパイラル・モデル
第2章 人脈のパラダイム・シフトに伴う戦略的人脈構築の必要性
第2部 人脈スパイラルと人脈レイヤー
STEP1 自分にタグをつける
STEP2 コンテンツを作る
STEP3 仲間を広げる
STEP4 自分情報を流通させる
STEP5 チャンスを積極的に取りに行く

第3部 人脈スパイラルモデルの先には何があるのか?


それでは
抜擢される人の人脈力」について
紐解きましょう。




Let's enjoy Reading today
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ



【紐解き】

■なぜ今「人脈」なのか
◇プロ
-後からついてくるもの
 Commit or Die.
 
◇自分視点
-ばかりでは特殊性がわからない
 アカウンタビリティが必要
 
◇人脈の価値
-活躍の機会や次の機会がある

◇人脈スパイラル・モデル5つのスパイラル
-自分にタグを  → 自分が何屋か
-コンテンツを作る → 実績事例を作る
-仲間を広げる → コンテンツを試し切磋琢磨する
-自分情報を流通させる → 何かのときに自分を思い出してもらうようタネを蒔く
-チャンスを積極的に取りに行く → 実力以上のことにチャレンジ

■人脈のパラダイムシフト
◇抜擢
-自薦でなく、他薦を能動的に仕掛ける

-パラダイムシフト
 努力ない人は淘汰される
 
-個人の時代
 人生より会社のほうがはるか短命
 
-自分の手でつくらないとダメ

◇声
-声がかかる人材に戦略的に

-クリティカルワーカーに
 未開地の問題に取り組むから評価が難しい
 自薦でなく、他薦される
 
◇リファレンス
-自分たちで評価不能な人を採用する
-経営知識+人間性
-短いリードタイムでの意思決定

◇3種の理解者
-想起者
-ストーリーテラー
-後援者

■人脈スパイラル
◇自分にタグ
-I am nobody.から脱出を
 他にないユニークさを
 
-私は○○ができる
 将来はこうしたい、そしてそれはあなたに役立つ
 
-will  将来どんな仕事がしたいか
-skill 自分にできることは何か
-value 相手にどんなメリットをもたらすか

誰かに話してブラッシュアップして練磨されていく 

◇コンテンツ
-ギブ&ギブ
 あとからテイクされてラッキーぐらいに思え
 
-結果を出して信頼を勝ち取る
 市場価値=能力×実績×意欲


◇仲間を広げる
-仲間を通して広げる

-メタ認知
 客観的にみる
 
-次のステージを目指す同志で勉強会

◇自分情報を流通させる
-タグ
 世に発信する
 
-自分と接した仲間にその場を楽しんでもらうことが最高ではないか

-最小限の力で
 複数のチャネルに繰り返し情報を流す
 
◇チャンスを経験的に
-上昇気流がきた時、それを逃さない

-今までやれそうもなかった仕事に積極的に挑戦する、飛び込む

-仕事ドメイン
 自分で定義し、背伸びした環境に身をおく

■人脈スパイラルの先に
◇2つの自由
-やりたい仕事を選べる

-得意な、使命感のある仕事を選べる

◇オンリーワンメリット
-やりたいことを仕事に

-やりたくないことを除外できる

-時間・労力
 技量に対する自由度が高まる
 
-視野と選択肢の幅が広がる

-チャンスの流れが変わる
 
◇自分なりの優先順位づけ
-不要なものを捨てる勇気

◇人生一度きり
-「好き」な仕事にするか
 仕事を「好き」に引き寄せるか


【感想】

脈力
と本書では ば〜んと表紙に出てくるが
まず、この時点で間違っている。

何故かというと本書は
人脈本ではないからだ。

僕が感じるに
本書は自分という者に付加価値をつけよう
ということが具体的に
書かれた「自己ブランディング本」なのだと思う。

この本この本とあわせて読むといいかも…

川鉄さんの本ではないが
自分というストーリーを紡ぐための本とも言っていいかも知れない。

それに著者の経験が詰まっているので
発言、発言に重みがあるし
読んでいても心地よい
本書の表現もキャッチーというところが
ポイントが非常に高い。

最初に
チャンスを掴みに行くにはと質問したが
でも言っていることが
結局は
「自分を磨け」「人の役に立て」「一緒に育て」
ということなんだよね。

自分を磨いていれば
次第に人は集まってくるし
協力していける人々とも出会える。

タグというのが僕の場合は

「悩める平凡会社員」

「多読している人」

などと

自分を磨いた結果を
仲間に時々レビューしてもらわなければいけない。

レビューすることによって
客観的にみてもらうことによって。

新たな自分を発見でき

新たなとんがりを見つけられる。

尊敬するある方に
君は失うものは何も無いのだから
もっと自分を振れ

とアドバイスいただいた。

25年というちっぽけな人生

知らないことばかりの世の中の尺を
精度の悪いアンテナで
ずっと受信し続けてもダメだという事。

もっと、もっと
アンテナの受信角度を振って振って
いろいろな経験値をためていかなくてはならない。

ただ、そういう方達と知り合えるのも
こうやって情報を発信して
発信してあちこち自分を振ってみて
はじめて見える世界があるということなのかなと思う。

ただし、本書の弱点は
人間関係だって波が必ずあるのだから
そういったときの対処方法が書かれていると
もうちょっと救いがあったかもしれない。

人間関係に疲れきっている人にとっては
劇薬になってしまうので注意が必要な恐れがある。

さて、プラス方向に話を戻すと
TAKUさんも仰っているが
私自身、本書を読みながら自分の方向性がますます明確になっていくのを感じ、読後の今、新たな一つの結論を導き出すことができ、非常にすがすがしい気分です。


自分ができることは何だ。

ITインフラ屋としての知識
本をちょっとは読んでいる知識
わからなかったら知ろうとする探究的行動
自分の思考をひねくり回してひねくり回しての内省的戦略性

こんな方向に進めばいいのだと
確かに気づけるし
すっきりする。

もう25歳と捉えて守備に回るか
まだ25歳と捉えて躍進していくかが分かれ道

僕は後者を選ぼう。
さらなる情報を発信して
さらなるを行動して
さらに自分のアンテナを磨いていこう。

動くことは間違っていない。

せっかく生きているこの時代。

知らないことばかりじゃ
もったいない。

そして、仕事を引き寄せて
人の為になれれば嬉しい限りではないか。





【修寛化】
・“タグ”を意識する
自分が“何を”相手に貢献できるかを
しっかり見極め、そこを磨く
そして、時には披露しよう
 
【後記】
2月は自粛するとか一部の方には言っていた
セミナー&勉強会。

蓋を開けてみたら



すごい比率で予定が入っている…。

まぁ止まっていてもしょうがない。
止まるにはまだ早い。

ということで邁進するぞ。
そして見極め。

自分のフィルタに“ふるい”を
かけるのも必要なのかもしれない。

人には合うもの合わないものが
どうしても出てくる。

お金をかけなくても学べるものも
あればお金をかけないと
学べないものもある。

要は自分にそこの価値を見極められるかが
重要だ。

まぁ見極めるためには数こなすしかないんですがね…



人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る


Posted by hiro at 23:02│Comments(5)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー  [ 書評リンク ]   2009年01月29日 22:06
書評リンク - 抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー

コメント一覧

1. Posted by Master   2009年01月29日 07:43
やはりこの人脈本はいいですか。

自分も読んでみます。
2. Posted by ねじりはちまき鳥   2009年01月30日 20:04
年齢は関係な〜い!
だって、「それでいいよ!100点!合格!」
何て誰も言ってくれないから・・・
自分が合格って思えればいい、
自分が考えたことが正しい、
何たって自分のことだから、
自分の考え、自分の常識を持つ方が幸せ・・・
勿論、人に迷惑をかけないのは当たり前・・・

そんな風に考えて、2月ものんびり突っ走りましょうね!
3. Posted by hiro   2009年01月31日 22:15
>Masterさん
この人脈本は人脈本ぽくないところがいいかもしれないですね!

>ねじりはちまき鳥さん
なるほど、人生に100点なんて人
いないに等しいですからね。

時には人に迷惑をかけてしまっても
いいのだと思いますね。
一人では生きていけない生き物ですし。

2月は適度に走ります!!
4. Posted by ai   2009年02月04日 12:52
レビューを受けることで色々変わったりしましたか?
感度の高いアンテナを振って振って受信しなければ、私たちは、生きていても磨いていない玉のようになってしまうのですね。

「自分を磨け」「人の役に立て」「一緒に育て」
の言葉は勉強になりました。

例えば、これは仕事で一緒に育つ仲間が得にくい場合、

勉強会などでその仲間を作ることも可能なんですよね?

「自分のタグ」・・ 私にはなんのタグがあるか
まだわかりません・・・。自分追求&努力不足ですね。

5. Posted by hiro   2009年02月04日 13:33
>aiさん
レビューを受けて自分の考えってなんて小さいんだって思うことは多々ありますね(汗)

職場という枠で探せそうにないのであれば
勉強会という新たな枠に飛び込んでしまえばいいだけだと思います。
人生職場で終わるなんてことないですし。

「自分のタグ」
意識すれば見つかっていきますよ!
これから一歩ずつ探していけばいいだけだと思いますよ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ