人間は自分が考えているような人間になる!! アール ナイチンゲール(著) 田中 孝顕 (翻訳) - 多読成功術227 自分の世界を楽しめ:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書人間は自分が考えているような人間になる!! アール ナイチンゲール(著) 田中 孝顕 (翻訳) - 多読成功術227 自分の世界を楽しめ

2009年02月08日

ナポレオンヒル
プログラム
使いようによっては

想いを実現するヒントになるかもしれない
そんなツールです。

今日の本はそんあ
“考える”にピックアップした本

人間は自分が考えているような人間になる!!」です。



【本書にぶつける悩MENU】
どうしたら自分が考える人間になれるだろう?
という視点で読んでいきたいと思います。

【目次】
人間は自分が考えているような人間になる!!
1 生き方を創る“究極の真理”
2 富を増やすための思考法
3 あなたは使命型か展開型か
4 あなたの偉大さを認識しよう
5 どうやって人の役に立つか
6 “心構え”が成功・失敗を決定する
7 “粘り強さ”が成功を生む
8 人生は一大事業である
9 積極的に生きる知恵
10 独創的な思考が新しい願望や目標を作る
エピローグ バランスのとれた生活


それでは
人間は自分が考えているような人間になる!!」について
紐解きましょう。




Let's enjoy Reading today
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ



【紐解き】

■生き方を創る
◇何故?
-金持ちと貧乏に別れる?
 
◇本書の意
-We become what we think about.
 
◇信念は
-信念は鳥である。
 まだ夜も明けやらぬうちに
 光と歌を告げ知らせる

自分と同じ人間
-自分と同じ人間はいない
 何千人ものキャンバスがあなた

カギ
-最も楽しいと思うこと
 未来を開くカギ

■富を増やす
社会に
-種をまく

報酬
-人に奉仕した代償
 心から奉仕を愛でる
 
-人々のニーズを

■使命型・展開型
◇夢想
-本来のあるべき姿、内心の情報

◇中間目標
-最後の目標のためにたてる
 中間目標は必要不可欠
 
存在
-ひとかどの人間になっていく

大多数
-正反対のことをする
 二度と同じ過ちはしない
 
■偉大さを認識する 
◇人間
-他の動物とは違う
 それは“考える力”
 
最高に面白い
-心の中に最も興味深い絵画を所有していること

考え
-紙に記録してこそ意味を持つ

■どうやって人の役に立つ 
◇自分
-自分にとって大事な人全員への奉仕
 愛する人、従業員、消費者、すべて
 
■心構え
◇一日一日
-大切さ
 未来をどう見ているか
 
人生の最後
-日々を実に甘実にするか、大切にするか

■粘り強さ
◇もう少しの辛抱
-自分に言い聞かせる

新しい習慣
-他人を無条件に許す

-自分自身を許す

-一番の長所に目を

-生き方を崩さない

■人生は一大事業
◇安定
-存在しない
 あるのは無限のチャンス

■積極的に
◇生きる
-積極的に生きるのは世の中に反応する

給料
-会社でなくお客からもらっている

精神
-色々な充実感

圧力
-圧力に対して柔軟に

自分の弱点
-弱点・長所を受け入れ見極める

他人
-個人を尊重する
 人を愛する
 
何事にも
-積極的に建設的に

■独創的に
◇考える
-考えることは人間に唯一備わったこと

-人間は普段の自分のイメージでふるまう習性

-全力を尽くすこと、自分の頭で考えることが必要



【感想】

Think
考えて行動する
考えて想いを実現する

これって実は人間しかできないことなんですよね。

他の思考をもった動物も
夢は描いているかもしれないけれど
夢を描いて学習するなんていことは
他の動物はやっていない

実はすごくシンプルだったりします。

複雑に考えすぎて
誰かの経験の話を聞いて
怖気づいて、恐怖して
人は自ら否定ということをしてしまっているのかもしれません。

人は“考えた”通りになってしまう。
これはマイナスにも作用してしまう。
残念ながら。

僕は
起きてもいないことに
過度に怖気づき

大事なものから
やってもいないのに
勝手に
“逃げてしまった”のかもしれません。

そう、起きてみないとわからない

考えすぎたのかもしれない
不安になりすぎたのかもしれない

もっとシンプルに
夢を描いて
人を大切にして

ほんの一握りの勇気
このことを見失わなければ

どうしたら自分が考える人間になれるだろう?
という質問にも簡単に答えられる

粘り強く
一日一日を真剣に
積極的に動いて、動いて
恐怖を感じても逃げずに
向き合って自分の思いのまま行動すればいい


これは“答え”にはなっていない
だってそれは作っていくしかないからね

今後の僕次第だ。

既に僕がオリジナルだってことに
ちょっと自信を持ってあげて

鳥のごとく
夢にはばたく

準備を粘り強くやっていこう
僕はまだまだ、光を見つけて生きたいからね




【修寛化】
・夢を描く
いつまでも夢を描こう
夢が叶ったらまた夢の種を蒔けばいいさ
一日一日を丁寧に粘り強く進んでいこう

【関連書籍】
114.思考は現実化する
212.原因と結果の法則

【後記】
この本も実は今日の読書会で読んだ本です。

家に置いておいてもなかなか読めない
分厚い本ですら
タイムプレッシャー下のもと
読んでみると意外としっくりきてしまったりします。

一人でできないことなんて
たくさんあるので
場に甘えてしまうというのも
一種の勉強のツールなのかなって思います。

もっと楽に
自分を高める
楽習の意味で学び続けていきたいものですね。


人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る


Posted by hiro at 21:26│Comments(2)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 人間は自分が考えているような人間になる!!  [ 書評リンク ]   2009年02月09日 23:57
書評リンク - 人間は自分が考えているような人間になる!!

コメント一覧

1. Posted by 山猫   2009年02月10日 21:05
‘タイムプレッシャー’の力はすごい!
読書会だと特に集中できるね。
2. Posted by hiro   2009年02月11日 21:22
>山猫さん
確かに、タイムプレッシャーはいいですね。
ああいう場があると助かります。
ありがとうございました!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ