マングローブが教えてくれた働き方 今野誠一(著) - 多読成功術232 マングローブ的な生き方:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書マングローブが教えてくれた働き方 今野誠一(著) - 多読成功術232 マングローブ的な生き方

2009年02月18日

ングローブ

恥ずかしながら僕は
本書を読むまで、あの海の上にある木だよね〜
と思っていたくらいのもの・・・

今日の本
読書会で読んできました。

マングローブが教えてくれた働き方」です。




【本書にぶつける悩MENU】
マングローブ経営の真骨頂とは
という視点で読んでいきたいと思います。

【目次】
マングローブが教えてくれた働き方
はじめに〜これまでの生き方・働き方を見直すときがくる
1章 攻めのリクルートの人事畑で学んだこと
2章 マングローブ的生き方・働き方 マングローブとの出会い不自然なことをやめよう
3章 ナチュラル経営と土づくり
4章 ムリのない会社と自分 好不況に左右されない「成功」より「成長」
付録1 今野誠一のマングローブ的生き方の30サークル
付録2 マングローブの30ブロック経営


それでは
マングローブが教えてくれた働き方」について
紐解きましょう。




Let's enjoy Reading today
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ



【紐解き】

■リクルート人事畑
◇切羽
-切羽詰まった自分を取り繕わない
 
◇意識
-どんな仕事でもお客様を直接意識して

-全体の成果を見抜く
 トップは信念を持つ
 
-人材削減の時
 人員をリストラすることによって自分もボロボロに
 
■マングローブ的生き方
◇価値・理念
-海岸の生態系の要
-しぶとく生きる仕組み
-一般に知られていない神秘
-目立たず人知れずの存在

◇不自然はしない
-誰に対しても
 常にリラックスの環境
 
◇2:6:2
-6に焦点
 
◇喜怒哀楽
-喜怒哀楽あるオフィス

◇優先順位
-決めたことを守る 
 すぐやる → 今度・後でという言葉は使わない 

◇多読
-多読よりも多度読
 いい本を繰り返し読む
 
■ナチュラル経営と土づくり
◇会議
-事前に紙に書いておく
 メモはしない

◇土づくり
-人が育つ風土
 理念を大切にする
 
◇しきたり
-楽しむしきたり
 水曜日だったら水を大切に
 木曜日だったら紙を大切になど
 
■ムリのない会社と自分 
◇好不況
-左右されない理念
-幸福感
-事業ポートフォリオ
-全員経営
-急拡大はしない

◇不況に強い
-体作り
-思考力
-人脈
-表現力
-生き方
を強化する

◇生きる意味
-相手の立場を考える
-空気を読める
-自分自身を大切に

◇頑張ったと思える時期
-頑張ったと思った時期と
 振り返って嫌な時期は重なる


【感想】

ングローブは結局
森のことを差します。
あの水の上を生い茂る総称のことを言うみたいです。

へぇ〜知らなかった(゜▽゜)

本書にはマングローブについての解説も書かれているので
そこもマメ知識的に役立ちます。
webだとwikiですね。

しかし、自然と人間との共存は至極ごもっともなことです。

しかし、自然と人間との共存は至極ごもっともなことです。

そんなことを忘れて目先の利益などに走ってしまいがちな
人間の愚かさを嘆くのであって・・・
と嘆いていても何も始まらないのですが。

正直言うと
本書は他の成功本とは逆のことを言っています。

2:6:2の法則の6を活かせということや
メモを取るな緊張感を
多読よりも多度読だ

とか

頷ける部分もあれば
頷けない部分もあります。

多読というのは中途半端に
やっては意味が無いと思うのですよね
やるからには徹底してやらないと

それに多読しつつ
多度読するという方法もありなので
僕としてはまぁどっちでもいいんじゃない〜
って感じで

でもそれは人それぞれ
人には向き不向きが必ずあるので
押し付けず
その人の強みを自然的に伸ばしていける環境というのが
大切な気がします。

マングローブ経営の真骨頂とは
という質問に対しては

生態系の要・しぶとく生きる土づくり・神秘な要素・目立たず人知れずの存在

ということが
マングローブ経営の真骨頂なのかなと思う。

きちんとしなきゃいけないことは
きちんとする

ただ仲間を見殺しにしない
そんな経営が大切なんだよね。

本書の最後に30circleという理念が書かれた
図があるのだが


感謝
共に生きる
自分らしく
ナチュラルに
という5つがさらに5つにチャンクダウンされていたのだが

これは非常に心温かい
理念だと思うのでここを見るだけでも本書の価値はあるのかもしれない。

本書を読んで
ありきたりだなぁ〜って思う人もいると思う。
でもマングローブ的な自然なこと
人間にとって自然なこと

生きていくうえで必要なのではないかな
この殺伐とした時代だからこそ。





【修寛化】
・命・感謝・共存・自分らしく・自然に
マングローブ経営理念は確かに人本来の力
大切に念頭に置き活動していくことが大切

【後記】
今日は完全にオフ
休日出社の代休でした。

どこか出かけようとも思いましたが
寒くて引きこもりました。
というより体がついてこず
布団の中で読書という
まぁたまにはいいかという悪魔に負けてしまいました。

温度差があると体が参ってしまいます。
春は春で花粉症があるので嫌ですが
早く暖かくならないかな〜と切に思ったり。


人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 23:27│Comments(2)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

トラックバック一覧

書評リンク - マングローブが教えてくれた働き方 ナチュラル経営のススメ (P-Vine Books) (P-Vine Books)

コメント一覧

1. Posted by 今野誠一   2009年03月21日 23:07
「マングローブが教えてくれた働き方」を取り上げていただき、ありがとうございます。

うれしく拝見しました。

「本書を読んで、ありきたりだなぁ〜って思う人もいると思う。でもマングローブ的な自然なこと
人間にとって自然なこと、生きていくうえで必要なのではないかな。この殺伐とした時代だからこそ」

ありがとうございます。私の言いたかったことを代弁いただき、心から感謝いたします。
2. Posted by hiro   2009年03月22日 16:25
>今野さん
殺伐とした世だからこそ、大切な一冊なのかなと
感じました。

個人的にはマングローブの解説が非常に良かったです!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ