アツイコトバ 杉村太郎(著) - 多読成功術241 真のアツさ:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書アツイコトバ 杉村太郎(著) - 多読成功術241 真のアツさ

2009年03月03日

情熱
人を動かすのには、とても大事な要素。

でもただ大声で威勢を張っているだけでは
正直何にもなりません。

今日の本はコチラ↓


【本書にぶつける悩MENU】
真のアツさとは
という視点で読んでいきたいと思います。

【目次】
アツイコトバ
人が滅多にしない経験をしろ、人が滅多にしていないようなレベルで。(異端)
「確率」ではなく、「可能性」にかけろ。(可能性)
危険な方を選べば、すべてが正解だ。(選択)
自分のルールを持ち、自分のルールに縛られない。(rule)
何かを得たければ、自分から出すことだ。(out put)
感情を捨てよ。(自制)
決めることは捨てること。(決断)
もうマミーはいない。(自立)
「お金じゃ買えないもの」は、お金がなければ持ち続けられない。(お金)
重心を下げろ。(重心)〔ほか〕


それでは
アツイコトバ」について
紐解きましょう。




Let's enjoy Reading today
人気blogランキングrainbowにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ



【紐解き】

■祈り
◇祈りを力に
-変える作業は言霊を打ち込むこと

◇人
-人がやらない道を

◇確立
-確立ではなく可能性を

◇アドバイス
-誰のアドバイスも一つたりとも鵜呑みにするな
 
◇手近な
-喜びでいちいち喜んでたまるか

◇決めること
-捨てること

◇うまくいっても・・・
-うまくいっても浮かばず
 いかに重心をさげていられるか
 
■特別
◇誰もが特別
-誰もが特別なのではない自分だけが特別

◇ネバーギブアップ
-ネバーギブアップに逃げるな

◇人はしょせん
-人は所詮一人、そして絶対に一人ではない

◇戦略
-戦略は二つ
 今ベストをつくせ
 今シコミを入れよ
 
◇目標
-目標は逃げない
 自分が逃げない限り
 
◇悩むこと
-悩むことはスイートなこと
 プロとして立ち向かう時はそうではいけない
 
■アツイ
◇超
-超アツイ=超クール

◇人は誰もが
-一番を本気で目指したときのみスパークする

◇究極の自信
-究極の自信と究極の不安を同居させよ

◇本当はこれがしたい
-本当はこれがしたいんだけど
 甘えたガキのタワゴト
 
■二度と
◇還らないもの
-二度と還らないものを知れ
 取り返しのつかない事態になって泣き濡れて自分を責め続けていても
 還ってはこない。


【感想】

本書
100ページにも満たないボリュームだし
正直、積読してそのまま放置かなとも思っていたぐらい。

しかしだ、

この100ページ未満に広がる

コトバの数々が
アツイというよりはオモイ。

ハードパンチャーなのだね。

これが300ページとかあったら
失神してしまうかもしれない。

それぐらい身に染みるコトバたちが
あふれている。


正直なところ
熱血系の人は苦手・・・

って悪い色眼鏡で見てしまう部分がある。

アツイの対象が要は古いのだもの。

根性、根性、ど根性
と言われたってアツくなんて
なれないし

はい、そうですか。

ってなってしまうのが正直なところ。

でも、自分はアツくないか?

と問われるとそうでもないですよ。
実際。

対象が夢中になれるものであれば
あるほど。

好きなものに
アツくなれない人なんて
本当のところいなんじゃないかな

本書の中でアツイ=クールというコトバが
あったが

これは、是非目指すべき境地だなと思った。

僕は初対面の人からだと
おとなしそうという意見がほとんどらしい(何調べだよ??)

まぁ実際、人見知りでそういう傾向があるんですが
別にアツくない人間でないよ。

でもクールを装いたい自分もいますがね。

緊急時にアツくなってもどうしょうもないし。
そこは平常心を磨かなくてはいけない。

だから、
真のアツさとは

自分を信じて時にはクール時にはアツく
そういったバランスが取れる人間なのではないかなと思う。

いつまでもクールではダメで
いつまでもアツくてみダメ。

他にも
究極の自信と究極の不安を同居させろ

とあるが
これも
正と負のバランス

取り返しのつかない事態を
もう二度と起こさないためにも
進まなければいけない時が近づいているのかもしれない。

時間は二度と還って
きませんからね。

真にアツく生きよう!




【修寛化】
・バランスよくアツく
何事もバランスが大切。
偏りすぎたらまた違う方向で偏るのも
ありかもしれないけれど
還ってこないものがあるなら
後悔しないように進むだけだ。
 
【後記】
3月になったはいいけれど

今日は東京で雪が降っていたりします。

寒いです。

そういえば去年の今頃も

丁度雪が降ったり下時期で
今の自分がこんな風になっているなんて
想像もできなかったと思います。
(本にバカみたいにお金使ったり、セミナーに参加したり)

還ってこないものが
あるからこそ、人間ってある種成長できるのかもしれませんね。

今は僕にとってはシコミの時期かもしれません。


人気blogランキングrainbowにほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。



Presented by hiro
平凡会社員の「多読」成功術ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 23:59│Comments(0)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. アツイコトバ  [ 書評リンク ]   2009年03月04日 22:59
書評リンク - アツイコトバ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ