日本語を使う人ほど知らないもの? -274 日本人の知らない日本語:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書日本語を使う人ほど知らないもの? -274 日本人の知らない日本語

2009年05月17日

Japanese
まぁ日本語なわけだ。


日本で働く海外の方達は本当に流暢に日本語を話す方が
多いと思う。


今日の本は日本語学校の先生と外国人学生によって
綴られている一冊のコミックエッセイ



本書はつい書店で
ぱらぱらめくって面白い
とおもって買ってしまいました。

【本への挑戦】
日本人だから日本語を知るという考えは正しいのか?
という視点で進んで行きたいと思います。

それでは 274冊目「日本人の知らない日本語」について、
Let's go!!



【目次】

・外国人の素朴な疑問は超難問
・そんな日本語使いません
・間違いな敬語
・トコロかわれば
・知られざる仮名の過去
・世界の漢字
・そうだったんだ! 日本語
・日本のルール
・日本語学校にて
・日本いいクニ



【書感】

改めて
マンガ、イラストってすごいよな〜と思ってしまった。


活字には活字の魅力があるし、
マンガにはマンガの魅力なんてものが必ずある。


精神的世界を描くようなものであれば
漫画にしてしまうと妄想するという行為がなくなってしまうため
台無しになってしまう。


かといって、ドラゴンボールやスラムダンクといった有名マンガが
活字だったらあれほど人気がでるものではなかったでしょう。


だから読書する人間にとって
漫画は悪いなんて発想はこの際捨てて欲しい。
かといって漫画ばかりの感想なんていうのも
どうかと思うので活字本の感想が多くなる。


ここで、ちょっと脱線した話を戻すと
この本は凪子先生という日本語学校の先生と
外国人生徒との日本語のやりとりから学べる
日本語の本なのだが


僕もまだまだ
おかしな日本語をつかっているなと実感してしまった。


突然ですが、ちょっとここで問題。


ファミレスに行ったとします。
次のうち正しい言葉遣いはどれでしょう?


「ご注文の方はよろしかったでしょうか」
「こちらパスタになります」
「お飲み物は紅茶で大丈夫ですか」
「お会計千円からお預かりします。」


さてさて答えはわかりましたか?


答えは全部不正解!


どの言葉にも違和感を感じなかったあなた
何も言わずにこの本を読みましょう。


仕事をしていても、後輩などで「〜方は」と
使う人がいるので、どちらのほうだよ。
と思わず突っ込みたくなってしまいます。


他にも「〜です。」という言葉自体が
明治の初めに遊里で使われていたり
「〜ざます。」という言葉も「おいらん」が
もともと使い始めたみたいです。


標準語というのがちょっと前までは
標準語ではなかったという事実。
時代の変化によって言葉なんていうものは
変わっていくのですね。


そのうち
「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」
こんな顔文字が標準語になっている可能性も無きにしも非ずなわけで。。。


こうして考えていくと
やっぱり言葉というのを調べることは大変面白いなと
僕なんかは思ってしまう。


そんなことに加えて、各国の人々が
本書の中では登場するので「へぇ〜」「なるほど」
なんていう うなづき がついつい起きてしまう。


菊の花束が日本では縁起が悪いが
ヨーロッパでは普通に人気があったり


何より日本の平和っぷりが垣間見れたりします。
中東の国では空爆の跡が残っていたり・・・


日本人だから日本語を知るという考えは正しいのか?と考えつつ読んだのですが

やっぱりこの言葉を使っているのは
日本人、鎖国の影響もあってか
かなり独特の言語になっているのは間違いない。


ただし、
この言語を愛せるのも日本人である僕ら
英語は確かに世界的に通じて大切ですが
日本語をおろそかにするというのはどうしても悲しいような気がしてきます。


日本語があったからこそ
今の日本の文学、アニメなどがあるのでしょう。


本書は
マンガなら読める♪という人
正しい日本語使っていないなぁ〜と自覚のある人には非常に読みやすく
面白い本になっています。


日本語をしっかり学んで
世界で活躍できる人間になりたいものです。




【経験知】
もう一度ただしい日本語を
 自分自身もよくヘンな日本語を使ってしまっているな
 と自覚するときがあるので、もう一度日本語を考えて
 きれいな日本語を使えるように努力しよう。せっかく日本人として生まれたのだから。
 
 
【後記】
日曜日なのでマンガというわけではないですが
この本は純粋に笑える
面白い本だなと思いました。


言葉遊びって面白いな〜と感心してしまった。


マンガレビュー需要があったらやろうかしらね。



人気blogランキングrainbow

今日もありがとうございました。へたれっぷりのが続くhiroに愛の手を!
Presented by hiro
ブログトップへ戻る


Posted by hiro at 15:45│Comments(0)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ