複数を見て懐を温かく -323 収入複線化マニュアル:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ 読書複数を見て懐を温かく -323 収入複線化マニュアル

2009年09月29日

入減
この不況と呼ばれるご時勢に
いつ誰しもが影響を受けてしまいそうなキーワードであります。


では、どうしたら収入減に負けないで生活ができるでしょうか?


今回の本は
収入複線化マニュアル
藤井 孝一

[Amazonで詳しく見る]


週末起業の藤井さんの著書です。
読書会の際にいただきました。

さて、収入を複線化するというのは
どういうことでしょうか??




【目次】


プロローグ
・あなたの不安の正体はなんでしょう?
第1章「収入の複線化」とは?
第2章 6つの視点と6つの質問で
第3章 アルバイト
第4章 ネット副業
第5章 週末農業
第6章 週末起業
第7章 不動産投資
番外編 株式投資・FX
第8章 副業ロードマップで
エピローグ
・起業家精神で、豊かな国を作ろう
・10年前の私も、試行錯誤していた
・私を勇気づけてくれたたった2名のセミナー参加者



【書感】

業の
紹介本である。


週末起業の藤井さんが書いているだけあって
本軸があって、じゃあ空いた時間を有効に利用して収入を得ようじゃないか
という内容が詰まっている。

パートも専門家に聞いている部分と実践した人という感じで
紹介されており、まぁ専門家というのはその道である種
食えている人たちが語っているのだから
それなりの説得力がある。

ジャンルとしては
アルバイト
ネット副業
週末農業
週末起業
株式投資・FX
不動産投資
といった副業の“王道”をいっているものなのではないかな。


マルチで働くという根本は一つのものに縛られる必要性がなくなってくるので
大変いいことだと思う。
副業が成功すれば“本業”なんてやめられてしまうしね。
(本業が大好きでこの仕事のためなら死ねるという人はそもそもやらなくていいわけだし)


ただ、今までの藤井さんの本では
アルバイトは否定的だったのにアルバイトが書いてあるので
面白かった。
生活として溶け込んでいるくらいで
ちょっとの支え程度にという具合でアルバイトは薦めると書いてある。


まぁ時間分ちゃんとお金をもらうことができるので
こういった冒険的な要素のものをやるよりは全然いいわけ。


ただ、『時間』に重きを置く人であれば
「アルバイト」は絶対NGであると思う。
まして、社員で働いている人などに関しては


アルバイトを許可なんてしている会社はやっぱり少ないし
それでもアルバイトを複数やって生計を立てれるくらいに
アルバイト一つで
そこはやっぱり勉強して良い意味でずるく生きないといけない。


週末農業
生活できるほどのお金になるかは
まだ未知数だが
趣味が実益を兼ねるといった意味では大変面白いのではないだろうか?


千葉とか茨城とかの畑を意外と手ごろな値段で借りれるみたいだし
レンタル畑のオーナーになったり
はたまた農作物をつくって売るなんて事や
農業を知らない、都内の人に向けて農業体験ツアーなんていうのを
連動させて企画すると面白いかもしれない。


自分はやりたいかというと
「?」だが


土をいじること自体
非常に健康面にもいいみたいだし
「癒し」「楽しみ」「収入?」になればいいことである。


あれこれ言わずまずはなんでもいいからやってみることが大切だな
と自分自身に言い聞かせる意味でも書いておこう。

本書はあくまでも“マニュアル”なので
こういうのがいいんじゃない?というのはあるが
決定するのは自分自身である。


今の仕事に満足いかないかた、もっと俺には野望がある方には
役立つ本ではないだろうか。


そして指針を決めたらやっぱり
専門の本でしっかりと勉強しなくてはダメだろうね。


そうやって勉強することで
視野が広がることは間違いないしね。


収入複線化マニュアル
藤井 孝一

[Amazonで詳しく見る]


【後記】
すっかり秋になった9月も残りわずか、
気づいたら10月で
気づいたら2009年終わっていたなんてならないように

しっかりと”指針”を立てなければいけないな
とつくづく感じてしまう。

時間もしっかり有効活用しないといけませんね。



人気blogランキングrainbow


今日もお付き合いいただきありがとうございました。

Presented by hiro
ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 23:54│Comments(0)  
読書 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ