一人暮らしのオレが「ぬか床」をつくるわけがない!:あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術
あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ⇒ その他一人暮らしのオレが「ぬか床」をつくるわけがない!

2013年06月24日

さて、タイトルに反して

前回ぬか漬けをつくろうという講義に参加したわけですが、
今回は実際に「myぬか床」をつくり、「ぬか漬け」をつくってみたので
その工程と感想で行こうと思う。

そもそも、ちゃんといくのかよ〜
なんて不安が大いにありましたが
まぁ気にしててもしゃーない部分もありますので
とっとと行ってみたいと思いま〜す!!



■準備

【材料】
・米ぬか        :1kg
・鷹の爪        :3本
・塩          :100g
・うまくできているぬか床:大さじ1杯
・うまくできている味噌 :大さじ1杯
・湯冷ましorだし汁   :1〜1.5L
・昆布         :適量


まずは材料を用意しました。
米ぬかとぬか漬けの器と塩はアグリマートさんでセット売りしていたものを購入。
(結果いい買い物だったけど、写真のような陶器の容器がくるのかなと思ったらそんな事無かったのだぜ…。)

その他の材料は近所のマルイの食品売場でGET

・米ぬか


・鷹の爪&塩


・昆布(ちょっと高めの日高昆布をチョイス)


・うまくできている味噌

これは、量り売りの味噌で代用しようということで
何種類か味見させてもらいマイルドだった「花笠味噌」をチョイス
マイルドがいいのかは知りませんが・・・。

・うまくできているぬか床
これも、手にはいらね〜 ということで
市販されていたぬか漬け(ぬかがたっぷり付いているもの)をチョイスし
ぬかを回収。

とまぁ、準備したものはこんな感じです。

■いざ作る!

,世靴鮗茲襦
米ぬか1kgに対して1〜1.5ということだったので
念のため1.5リットルの水に昆布を2〜3枚投入。
弱火でことこと煮て、沸騰させ、ぬるくなるまで放置
(本当は昆布を漬け込んでおくといいそうなのだけれど、今回はやらなかった。)

∈猯舛鮑ぜる


米ぬかに塩、鷹の爪、ぬか床、味噌を混ぜる。

…のだがギリギリサイズのボールをつかっていた関係で、
この段階の米ぬかはフワフワしているわけで、飛び散る飛び散る…。

断念して大きな鍋で混ぜることに。
はじめから大きめの鍋かなんかで混ぜることを激しく推奨。
ぬかと塩だけだと混ぜづらいから、ぬか床と味噌をさっさと投入する。
この二つは粘着力があるので混ぜるのが気持ち容易になる。

材料を混ぜる〜その2
,脳鏖垢らいになっただし汁を徐々に入れていく。
ここの目安は「耳たぶの柔らかさ」なのだけれども
「耳たぶ」になった〜と思ったらまだ水分すら含んでいない箇所があったりするわけで、
思い切ってだし汁を投入していっても問題ないかなと。

出しを取り終えた昆布もハサミで細かくして投入してしまって問題なし!!

この辺りから力いっぱい混ぜる混ぜる!
「耳たぶ」を目指して…。

い箸蠅△┐佐粟!

混ぜ終わったら容器に移す。
移したら空気が入らないように上から押して上げて
上部は平らにします。この際に捨て野菜を投入しても可
容器はタオルなどに包んで直射日光の当たらない場所に保管。

ィ夏放置。
ぬかを食べてみる。
これちょっとドキドキするのだけれどもわずかに酸味が感じられる。
捨て野菜を出してみて食べてみると、おー!ぬか漬けだ!!
って感じになっていたので、この段階から本漬け開始!
更に2.5日ほど放置。

Δ任あがり!

小カブと茄子を今回はチョイスしてみました。
お客さんに出す時は野菜についたぬかを払ったほうが良いそうですが
自分で食す分にはぬかはついたままでOK、OK!
(小カブは美味しゅうございましたが、茄子はもう1日置いたほうがよかったかなーと。
野菜ごとにも色々つける期間など工夫が必要そうなので色々試してみたいです。)

■最後に

「myぬか床」いざ作ってしまうと
材料をあつめるのはちょっと面倒でしたが、おやっ、そんなに難しくないぞ?
いうのが率直な感想。

もちろんこれから維持していったりで色々と難しいのかなとも思いますが、

反面、漬けた野菜が栄養価が高くなって食べられる。
植物性乳酸菌の恩恵を受けられる。
季節に合わせた野菜が楽しめる。

などなど、多くのメリットが多々得られそうです。

メンテナンス(?)も2週間に一度のペースで足しぬかをしてあげるくらいで
いいそうだし、水分が増えてしまったら乾物を漬けてあげるなんて技も教えてもらったので、
まぁ楽しんでぬか床ライフを過ごしていきたいものです。
(僕はどこに向かっているんだ…ww)






にご登録頂けると嬉しいです。

Presented by hiro
ブログトップへ戻る

Posted by hiro at 06:30Comments(0)TrackBack(0) |  
その他 | このエントリーを含むはてなブックマーク | |

スポンサーリンク



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
自己紹介(hiroとは?)

管理人の紹介はこちら



本ブログへのお問い合わせがございましたら⇒コチラへどうぞ
web&ブログ内検索
Google
カテゴリ
人気ブログランキング
RSS
Subscribe with livedoor Reader
follow us in feedly

QRコード
QRコード
View my FriendFeed